logo

◎グッゲンハイム パートナーズ、日本駐在事務所の開設を発表、在日代表に酒井重人を起用

グッゲンハイム パートナーズ 2014年07月31日 13時48分
From 共同通信PRワイヤー

◎グッゲンハイム パートナーズ、日本駐在事務所の開設を発表、在日代表に酒井重人を起用

AsiaNet 57488

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

グッゲンハイム パートナーズ、日本駐在事務所の開設を発表、在日代表に酒井重人(さかいあつひと)を起用

ニューヨーク・東京、2014年7月31日 - グローバルな資産運用・助言会社であるグッゲンハイム パートナーズは、東京に駐在事務所を開設しました。

グッゲンハイム パートナーズ日本駐在事務所は東京に開設され、当面市場調査を行います。

最高経営責任者マーク・ウォルター氏は、「日本初の拠点を開設するに至り光栄です。当社としては、日本の機関投資家をはじめとする投資家の皆様に、創意ある資産運用上の手法と価値を提供致したいと強く願っております。」とコメントしました。

グッゲンハイム パートナーズはまた、在日代表 シニア・マネジング・ディレクターとして酒井重人氏を起用しました。酒井氏は、グッゲンハイム パートナーズに入社する前は、ソシエテ ジェネラル証券会社東京支店において副社長・マネジング・ディレクターとして大手金融機関を担当するなど、資産運用、保険関連および資本市場各分野において多くの経験を得ております。

酒井氏は、「市場サイクルの中で実証されてきているグッゲンハイム パートナーズの資産運用に関するパーフォーマンスは、銀行、保険会社および年金を含む多くの日本の機関投資家や販売会社の皆様にご評価いただけるものと確信します。グッゲンハイム パートナーズに参加出来非常に嬉しく思います。日本におけるグッゲンハイム パートナーズの確固たるプレゼンスを築けるよう、真摯に取り組みたいと思います。」と述べました。

グローバル最高投資責任者のスコット・マイナード氏は、「グッゲンハイム パートナーズは、グローバルな拡大を計画的に行ってきました。その意味において、グッゲンハイム パートナーズの幅広い資産運用の能力は、日本の投資家の皆様にとって非常に有用となりうると確信しております。グッゲンハイム パートナーズは、日本に対し、またそのすべての顧客に対し長期的な価値を提供することに注力をしていきます。」と付け加えました。

グッゲンハイム パートナーズについて
グッゲンハイム パートナーズは、非公開のグローバル金融サービス会社であり、2,100億ドルを超える運用資産を有しています。当社は資産運用、投資銀行および資本市場サービス、保険サービス、企業向けファイナンスおよび投資助言を、金融機関、公的機関、事業法人、投資アドバイザー、ファミリー・オフィスおよび個人に提供しています。グッゲンハイム パートナーズは、ニューヨークおよびシカゴに本拠をおき、世界中9ヶ国25を越える拠点において顧客にサービスを提供しております。グッゲンハイム パートナーズについての詳細は、www.guggenheimpartners.com をご覧ください。

報道機関向けお問い合わせ
Thomas S. Mulligan(トーマス S. マリガン)
Sitrick And Company
310.367.6567
tmulligan@sitrick.com

Terry Fahn(テリー・ファーン)
Sitrick And Company
310.788.2850
terry_fahn@sitrick.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。