logo

横浜でハンドメイドアニメーショングランプリを初開催!

横浜市 2014年07月30日 22時20分
From Digital PR Platform


 横浜市では、文化芸術・創造都市施策の一環として、映像文化施設の集積や、映像を活用したイベント・プロモーションの実施、またアーティスト・クリエイターの育成に取り組んでいます。
 このたび、アニメーション作家への作品制作や上映の機会提供を目的に開催されるショートアニメーションのコンテスト、「HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ(※)」と方向性が合致したことから、実施主体である、イオンエンターテイメント株式会社、株式会社ロボットと協力  協定を結び、若手のクリエイター育成と、映像を活用した横浜のプロモーション強化を図ります。

(※)HAG(ハンドメイド・アニメーション・グランプリ)とは?
 ビジネス化の機会に乏しい日本のショートアニメーション界の現状を踏まえ、若手アニメーション作家を育成・支援するためのプロジェクト。オリジナルのショートアニメーション作品を募集してコンテストを行い、受賞者には、最大300万円の制作費を贈呈するとともに、各地のイオンシネマで上映することで、作品の制作・発表とビジネス化の機会を提供します。リンク

【具体的な連携内容】
1 横浜賞の設定
  制作費150万円を横浜市が負担し、(株)ロボット監修のもとに、横浜をプロモーションする内容の30秒作品を制作。
  各地のイオンシネマや横浜市のタッチポイント・イベント等で上映。
  ★上映劇場…首都圏26館のイオンシネマ(全作品の本編上映前)
  ★上映期間…平成27年2月~4月(12週間)
 ※横浜賞以外に、イオンエンターテイメント賞、イオングループ賞等が設定されています。

2 公開プレゼンテーションの横浜開催
(1)タイトル  HAG 2014 最終選考プレゼンテーション
(2)日  時  8月7日(木) 13時~17時
(3)場  所  赤レンガホール(横浜赤レンガ倉庫1号館3階/みなとみらい線馬車道駅or日本大通り駅 徒歩6分)
(4)実施形態  主催:イオンエンターテイメント株式会社・株式会社ロボット / 共催:横浜市文化観光局
(5)内  容
  (1)候補者(8名)から絵コンテによる公開プレゼンテーションと審査
  (2)HAG作品展示(候補者や他の応募者の作品を自由に鑑賞できるスペースを設置)
  (3)ビジネスマッチング(候補者と映像業界関係者、クリエイター、企業関係者等との交流)
(6)スケジュール
    13:00  受付開始
    13:30  オープニング・関係者挨拶
    13:45  プレゼンテーション(8名) (各プレゼン5分、質疑応答4分)
    15:20  審査 (審査中、別室で候補者と関係者の交流)
    16:10  審査結果発表
(7)メイン審査員
  ★映画監督 本広 克行
   1996年『7月7日、晴れ』で劇場映画監督デビュー。2003年に公開された『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジ
  を封鎖せよ!』では、日本映画(実写)興行収入記録歴代一位の座を獲得。その後も『交渉人 真下正義』、『サマータイムマシン・
  ブルース』、『UDON』等、数々の作品を手掛ける。2012年にアニメ作品『PSYCHO-PASS』で総監督デビュー。2013年より『さぬ
  き映画祭』のディレクターも務めている。

  ★アニメーションディレクター 伊藤 有壱
   クレイアニメやCGを使用したアニメーション作品を中心に数多く制作し、宇多田ヒカル『traveling』や平井堅『キミはともだ
  ち』にも参加。『HARBOR TALE』では第52回ZLIN FILM FESTIVAL アニメーション部門最優秀賞・観客賞を受賞し、現在は日本
  アニメーション協会理事、東京藝術大学教授も務めている。1998年有限会社アイトゥーンを設立し、3DCG、SFX、キャラクターデ
  ザイン等でも活躍している。

  ★映像クリエイター/ディレクター YKBX
   各種映像作品のディレクションや制作に加え、イラストレーションや、グラフィックデザインなどを手掛ける。トータルアート
  ディレクションを目指した作品を数々制作し、国内外の映画祭やイベントで高く評価される。
   2013年5月に渋谷オーチャードホールで行われた初音ミク・ボーカロイド・オペラ『THE END』では共同演出・映像ディレクター
  ・全てのビジュアルディレクションを務め、2013年11月にパリ・シャトレ座での海外公演も成功を収めている。

  ★横浜市文化観光局長 中山 こずゑ
   1982年、日産自動車株式会社に入社。企画統括部長、ブランドマネージメントオフィス室長、ブランドコーディネーションディ
  ビジョン副本部長を歴任。その後、2011年横浜市文化観光局横浜魅力づくり室長を経て、2012年より現職。

■参考:企業情報
1 イオンエンターテイメント株式会社
2013年7月 (株)ワーナー・マイカルとイオンシネマズ(株)が統合し設立。
  全国で78館、653スクリーンのイオンシネマを運営。資本金10億円。
2 株式会社ロボット
  1986年6月設立。アニメーションやテレビCM、映画・ドラマ、WEBサイトなどの企画制作を手掛ける。資本金1億円。
  (主な作品)
   『つみきのいえ』(第81回米国アカデミー賞 短編アニメーション賞)
   『ALWAYS三丁目の夕日』(第29回日本アカデミー賞12部門最優秀賞)
   『永遠の0』ほか多数

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事