logo

◎Roadhouse Recordsがバーバラ・キスの「From Me To You」リリース

Roadhouse Records 2014年07月30日 10時50分
From 共同通信PRワイヤー

◎Roadhouse Recordsがバーバラ・キスの「From Me To You」リリース

AsiaNet 57452
共同 JBN 0833(2014.7.30)

【デトロイト2014年7月29日PRN=共同JBN】「From Me To You」は全体としてバーバラ・キスのこれまで人生の仕事を代表、2010年以降アルバム用につくったさまざまな曲とともに、2009年に録音した最初のオリジナルソング「Your Smile」を含んでいる。キスはアルバム本来のジャンルを「ポップミュージック」と表現しているが、ロックのような曲や素晴らしいバラードもある。また、独特の東欧風の印象もあり、ほかのアーティストの曲と一味違ったものになっている。

Photo - リンク

12曲入りのアルバム、From Me To Youは2014年5月初め、Roadhouse Recordsによってデジタル版とアナログ版が再リリースされた。(特にデビューしたばかりの)多くのポップミュージシャンと異なり、キスはFrom Me To Youの大半を作詞作曲、12曲のうち8曲に取り組んだ。「Hero of my Life」「Perfect Night」「You're No Good」「Memories」「Your Smile」を作詞作曲し、「Time and Time Again」「Smilin', Lyin', and Denyin」を作詞、「Shy Boy」を共同でつくり上げた。

バーバラ・キスは6歳のときに歌とダンス、ピアノ演奏を始めた。14歳でハンガリー出身初の国際ポップスターになる夢を抱きはじめた。このため地元で最適のボーカルコーチとして尊敬されているジャズシンガーを見つけた。彼女がちょっとしたコツをすべてキスに教えたのである。

キスは2、3年前、音楽コンサルタント会社、MC-Inputと仕事をするようになり、同社は彼女にイタリアのプロデューサー、エンドリク・ファベロを紹介した。ファベロはイタリアのモンテベルーナでデビュー曲「Your Smile」を録音した。彼女はイタリアのフィレンツェで初の公式写真撮影を行った。2010年初めにはコンサルタントのジンジオ・ミュールバウアーと会うためロサンゼルスに出向いたが、彼がプロデューサー、ソングライター、ミュージシャン、エンジニアを紹介した。彼女は持ち前の華やかで興味深い独自の個性で彼らを魅了、一部プロデューサーはレコーディングセッションを申し出た。わずか6週間でレパートリーを1曲から6曲に増やした背景である。

音楽プロデューサーのジョージ・ベイカーは彼女のキャリアに影響を与えた。いまや彼女の才能は世界に羽ばたく。バーバラ・キスのニューシングル「The Time」は8月にリリースされる。

バーバラ・キスに関する詳しい情報は以下の公式サイト参照。
リンク
リンク
リンク

▽問い合わせ先
George Baker
+1-313-263-1609 x1
bakerg315@gmail.com

ソース:Roadhouse Records

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。