logo

テラデータ、企業買収でビッグデータのイノベーションを加速

日本テラデータ株式会社 2014年07月29日 11時08分
From 共同通信PRワイヤー

2014年7月29日

日本テラデータ株式会社

テラデータ、企業買収でビッグデータのイノベーションを加速
― 顧客価値へのコミットメント、ビッグデータ・ポートフォリオの拡大、
および Teradata Unified Data Architectureの機能拡張をより強固に ―

[ 2014年7月22 日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの翻訳です ]

 米国カリフォルニア州サンディエゴ発  -  データ分析プラットフォーム、マーケティング・アプリケーション、およびサービスのリーダー企業である、テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)は、ビッグデータの機能拡張を加速させる2社の買収を発表しました。

 テラデータは、7月16日に、ユニークなメタデータ管理技術と企業横断的な情報統合における深い専門知識を備えたビッグデータ向け情報管理製品を扱うリーダー企業、Revelytix(レベリティックス)の資産を、ならびに7月17日には、経験豊富なビッグデータ技術者と知的財産を含む、Hadapt(ハダプト)の資産を取得しました。

 「RevelytixとHadaptの従業員をテラデータの一員として迎えることにより、彼らがTeradata Labsと一体となって、当社のお客様に対するビッグデータ・ソリューション提供の加速に貢献してくれることを期待しています」とTeradata LabsのプレジデントであるScott Gnauは述べています。「2社の主要な資産が加わることで、テラデータの継続的なイノベーションと顧客価値に対するコミットメント、ビッグデータ・ポートフォリオの拡大、またTeradata Unified Data Architectureの拡張が強固なものとなります」

 今日において、Hadoopのデータ管理とメタデータの把握は、大きな課題の1つであり、Hadoopでの成功の妨げとなっています。Revelytixの買収により、Hadoopでの新たなデータ管理およびデータ準備ツールがもたらされ、メタデータの統合、経路の把握、およびデータ・ラングリング(整形、加工などの処理)の機能のすべてを単一のソフトウェア・ソリューションで提供することが可能になります。テラデータの一員となるRevelytixチームは、メタデータ管理ソリューションにおける豊富な経験を有しています。またHadaptからは、ビッグデータに関する深い知識をもつ経験豊富なエンジニアリング・チームが加わることになり、これは Teradata Unified Data Architectureの強化および進化に多大な貢献が期待できます。

 今回の買収によって取得された人員と知的財産は、受賞暦があり、業界をリードするテラデータの研究開発部門であるTeradata Labsに統合されます。

 利用可能なすべてのデータを活用することは、企業が成功する上での戦略的必須事項となっています。テラデータのTeradata AsterやHadoopを含めるビッグデータ技術に対する投資は、業界をリードするテラデータのデータウェアハウスの価値を補完するものであり、顧客企業がビッグデータから価値を見出す手助けとなります。

 尚、今回の買収に関する条件は公表しておりません。

以上

# # #

・日本テラデータウェブサイト内 プレスリリース
リンク

・本プレスリリースの原文: Teradata News Room
リンク

# # #

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
リンク

* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事