logo

◎国際美容外科学会が昨年の世界の美容処置統計を発表

The International Society of Aesthetic Plastic Surgery (ISAPS) 2014年07月29日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

◎国際美容外科学会が昨年の世界の美容処置統計を発表

AsiaNet 57457
共同 JBN 0838 (2014.7.29)

【ニューヨーク2014年7月28日】
*2013年に行われた美容処置は2300万件以上

正式機関から資格を認められた95カ国の美容外科医2700人以上をメンバーとする美容外科の有力な国際学会である国際美容外科学会(ISAPS)が28日発表した統計によると、2013年に世界で2300万件以上の手術的、非手術的な美容処置が行われた。実施された手術的処置の数でブラジルが初めて米国を上回り、実施された美容処置数ではボツリヌストキシンが初めて全体の首位を占めた。

Logo - リンク

ISAPS統計全文、プレスリリース、ファクト速報参照ガイドは以下へ。
(リンク)

ISAPSはブラジルのリオデジャネイロで9月に開かれる第22回隔年会議主催の準備を進めており、新しい技術を共有し、この拡大する分野についての最先端の情報を話し合うために集まる75カ国の外科医の間でこの新データは論議を巻き起こすことになるだろう。

ISAPSのCarlos Uedbel会長は「前回調査が行われてから統計的に健全なサンプルに基づいてデータを集める戦略を改善した。これは調査の方法論をさらに改良し、より包括的なものにするための学会側の努力である」と指摘している。

2013年に最も多くの手術的、非手術的な美容処置を行った上位5カ国:

-米国-3,996,631-(17%)
-ブラジル-2,141,257-(9.1%)
-メキシコ-884,353-(3.8%)
-ドイツ-654,115-(2.8%)
-スペイン-447,177-(1.9%)

2013年に行われた美容外科処置の上位5種:

-豊胸-(1,773,584)
-脂肪吸引-(1,614,031)
-眼瞼形成-(1,379,263)
-脂肪移植、幹細胞脂肪移植を含む脂肪注入-(1,053,890)
-鼻形成-(954,423)

実施された非手術的処置の上位5種:

-ボツリヌストキシン(5,145,189)
-フィラー、リソーバブル(3,089,686)
-レーザー脱毛(1,440,252)
-非侵襲的顔面若返り(1,307,300)
-ケミカル・ピール、CO2リサーフェシング、ダーマブレージョン(773,442):

女性は全体の87.2%にあたる2000万回以上の美容処置を占めた。2013年に女性がもっと多く受けた手術的処置の上位5種は次の通り:

-豊胸
-脂肪吸引
-眼瞼形成
-脂肪注入
-ブレスト・リフト

男性は全体の12.8%にあたる300万回以上の美容処置を占めた。2013年に男性が最も多く受けた手術的処置の上位5種は次の通り:

-鼻形成
-乳房女性化による乳房縮小
-眼瞼形成
-脂肪吸引
-外耳形成

ISAPSの最新の統計は美容手術が世界的規模で増大していることを示唆している。ランキングは十分な調査反応が寄せられ、データが全体を代表しているとみなされた国だけの数値に基づいている。

▽ISAPSについて
国際美容外科学会(ISAPS)は正式機関から資格を認められた美容外科医の有力な国際組織として認められている。1970年に創立されたISAPSは、最新の外科的技術に対するISAPSメンバーの教育、一般に対する情報提供、患者の安全の推進を三重の使命としている。ISAPSへの加入申請は手術的、非手術的な美容処置のあらゆる分野について幅広い訓練を受けていることを確認するため、徹底的な審査を受ける。

ソース:The International Society of Aesthetic Plastic Surgery (ISAPS)

▽問い合わせ先
Leigh Hope Fountain (212) 278 8115 - leigh@conmx.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事