logo

山形県庄内地方の観光の魅力を紹介 「日本の心のふるさと 出羽三山セミナー」9/3 ・4開催 <参加者募集>

株式会社出羽庄内地域デザイン 2014年07月28日 15時00分
From Digital PR Platform


山形県庄内地方の魅力を地域文化情報誌“Cradle”などを通じ発信している、(株)出羽庄内地域デザイン(本社:山形県鶴岡市 代表取締役:小林好雄 HP:リンク)は、山形県からの委託を受け、「日本の心のふるさと 出羽三山セミナー」を9月3日、4日に東京で開催します。これは今年、本尊ご開帳や羽黒山五重塔のライトアップで注目される、出羽三山など出羽庄内の魅力を紹介する内容です。

同セミナーでは庄内にゆかりのある著名作家と地元専門家が西の伊勢参り、東の奥参りと並び称された、出羽三山、そして出羽庄内の魅力を「文学」と「信仰」の面から紹介します。加えて多数の写真を使い「出羽庄内の自然、食、精神文化」について紹介し、その後、庄内名産のだだちゃ豆をつまみに庄内の地酒、月山高原ブルーベリージュースを試飲しながらの懇談の時間を設けます。より多くの方にとって庄内に興味を持っていただき、現地を旅していただく良い機会となることに期待しています。


【山形県庄内地方】
最上川が海に注ぎ、北に出羽富士と称される鳥海山、東に山岳修験の聖地・出羽三山、南にブナ原生林の地・朝日連峰、そしてその三方の山々に抱かれるように日本有数の穀倉地・庄内平野が広がる、自然豊かな地域です。古くは出羽国として栄え、その後、出羽三山を代表する山岳信仰や、質実剛健な城下町としての歴史、そして自由闊達な湊町の文化などが共に育まれ、共存してきました。日本が本来持っているうつくしさやなつかしさ、日本の原風景ともいえる風土・文化が残されています。


【注目の庄内の観光地情報】
・出羽三山開祖の‘蜂子皇子(はちこのおうじ)’ご尊像が明治以降初めて公開されている(9月30日まで。)これは今年が十二年に一度の羽黒山午歳御縁年にあたるための特別公開で、さらに羽黒山五重塔のライトアップと夜間拝観も9月13日まで実施されている。また、ミシュラン・グリーン・ガイド・ジャポン3つ星認定特別天然記念物「羽黒山参道と杉並木」の2,446段の石段を踏破すると、名前入りの参拝認定証が参道の二の坂茶屋で発行される。
・クラゲの展示種類数でギネス認定されている「加茂水族館」(クラゲドリーム館)が6月1日リニューアルオープン。一カ月間の入館者数が9万3534人と過去三年の6月の入場者数の4倍を記録している。クラゲの展示は約50種類で、直径5mの巨大水槽に数千匹のミズクラゲが泳ぐ。
・「食の都庄内ブランド」として豊かな食文化を伝承・紹介するための多くのプロジェクトが進められている庄内では様々な「庄内の食」も楽しんでいただくことができる
・現在、山形ディスティネーション・キャンペーンも開催中(9月13日まで)



===出羽三山セミナー概要===

日時:9月3日(水)  14:00~16:30  
  9月4日(木)   同上  

募集人数: 両日各100名

会場:文京シビックセンター 26F  スカイホール
〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21

アクセス: 東京メトロ 後楽園駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)徒歩1分
都営地下鉄春日駅三田線・大江戸線(文京シビックセンター連絡口)徒歩1分
JR総武線 水道橋駅(東口)徒歩9分

講演テーマと講師:
A) 9月3日(水)「庄内信仰風土 ~出羽三山と鳥海山~」
――何故、出羽三山は よみがえりのお山なのか――
元山形県立博物館長 春山 進 氏
江戸時代、西の伊勢参りと並び称された、出羽三山の
歴史と文化を地元専門家がわかりやすく解説します。

B) 9月4日(木) 「文学から出羽庄内の魅力を学ぶ」
――日経新聞連載小説「発熱」など――
芥川賞作家 辻原 登 氏
芥川賞、谷崎潤一郎賞、川端康成文学賞、司馬遼太郎賞
受賞などの著名作家が自身の作品でも取り上げた庄内の魅力を
作家の観点から語ります。
2000年日経新聞朝刊で鶴岡、松ケ岡開墾場なども舞台として
登場する小説「発熱」を連載


内容:
13:40 受付開始
14:00 開会・講演スタート *内容は上記をご覧ください
15:00  案内「出羽庄内の、自然、食、精神文化」
      (株)出羽庄内地域デザイン 代表取締役 Cradle編集長 小林 好雄
       地域文化情報誌Cradle編集長でもある小林氏が、出羽庄内の自然、食、精神文化など、その魅力をスライドを交えお話します。
15:45 懇談(地元名産だだちゃ豆、地酒、月山高原ブルーベリージュースを味わいながら *試食程度)
16:30 閉会


問い合わせ:詳細はこちらのページをご覧ください HP リンク
*応募の締め切りは8月20日(必着)です。

◆発送◆
当選者決定後、こちらより、当選者のみにセミナー入場ハガキをご郵送させていただきます。
*8月25日までに発送いたします。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。