logo

地域医療を支える人材を育成 日本調剤「薬剤師体験インターンシップ」

日本調剤株式会社 2014年07月25日 18時06分
From Digital PR Platform


 日本調剤株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、超高齢社会における地域医療の重要な担い手である薬剤師の育成を目的とした「薬剤師体験インターンシップ」を、今年度より全国各地・通年開催に拡大しました。

 「薬」は病気の治療や健康維持に欠かせないもの。その医療用医薬品の数は約1万7千にのぼり、薬局へはさまざまな診療科目の処方せんが持ち込まれます。薬剤師をめざし勉学に努めている薬学生に、絶えず最新の医薬知識・情報を吸収し日々の業務にあたる薬剤師の姿を間近で見ることで、薬剤師が社会で果たす存在感の大きさを肌で感じ、地域社会に貢献する優秀な薬剤師に育ってほしいと調剤薬局専業企業である日本調剤は考えています。

 日本調剤では、より多くの優秀な薬剤師を輩出すべく、薬学部4年生以上を対象に、今年度より、全国各地、通年での募集に拡大しました。全都道府県に調剤薬局を展開する日本調剤ならではの、全国各地での開催により、自宅や大学周辺はもちろん、帰省先などでもインターンシップを受け入れています。また、学生のニーズに応えるため、通年で開催しています。本インターンシップにより、医療人としての高い使命感を持った日本の地域医療を担う人材の輩出につながることを期待しています。


<インターンシップ実施概要>

参加資格  : 薬学部(6年制)に在籍する4~6年生
開催エリア : 全国各エリア
          (北海道エリア、東北エリア、関東エリア、東海エリア、関西・北陸エリア、 中国・四国エリア、九州エリア)
参加費    : 無料
開催コース : 1日コースから3日コースまで
実施内容  : 店舗研修、薬の味見体験、OTCロールプレイ、処方解析と服薬指導、など
応募方法  : 下記「日本調剤 薬剤師体験インターンシップ」ページをご覧ください
          リンク

※開催エリア、日程によって、内容や選択可能なコースが異なります
※募集中の日程で都合が合わない場合は個別で日程調整しますので、インターンシップ事務局までお問い合わせください

【日本調剤株式会社 インターンシップ事務局】
TEL   :0120-306-411(※受付時間 10:00AM~17:00PM(土・日・祝祭日を除く))
Eメール:internship@nicho.co.jp


<過去参加者からの声>
・システムを始め、挙げるときりがない程、大企業ならではの特徴を拝見でき、とても良い経験となりました。
・患者さま満足向上に向けての独自の心配りを数多く学ぶことができました。
・薬剤師の方のプロフェッショナルな姿を間近で見て、その振る舞いに感動しました。
・患者さま1人1人に合わせた服薬指導をしている場面を見ることができ、将来私が薬剤師になった際の参考にしたいと思いました。
・実際に患者さまと接したり、現場で働く薬剤師の方の姿を近くで見ることで大学の講義や実習では分からない多くのことを学べました。


<日本調剤株式会社について>
 日本調剤は、1980(昭和55)年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局展開を積極的に行ってまいりました。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し、約2,400人の薬剤師を有する日本を代表する調剤薬局企業として評価を得るとともに、超高齢社会にマッチした“調剤薬局の新しい姿”を追い求めて、日々取り組んでいます。
詳細はホームページ(リンク)をご覧ください。


<JP Newsletterについて>
 本ニュースレターは、日本調剤の薬局や薬剤師のことを、より皆さまに知っていただくためにご紹介するものです。超高齢社会を迎え、医療の重要性が高まる中、身近な医療提供の場である調剤薬局、そして薬の専門知識を持った薬剤師は、地域における医療・健康管理の重要な担い手としての役割が期待されています。


ニュースレターに関するお問い合わせ

日本調剤株式会社 広報部 広報担当
Tel:03-6810-0826 Fax:03-5288-8693
E-Mail:pr-info@nicho.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。