logo

iBeaconを活用し施設内のお客様導線を「見える化」「分析」できるサービス【SCコンシェルジュ(R)リサーチ「人流解析」】を開発 ~慶應義塾大学との産学連携プロジェクト、名古屋PARCOで実施~

株式会社パルコ・シティ 2014年07月24日 12時00分
From DreamNews

株式会社パルコ・シティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川瀬賢二、以下パルコ・シティ)は、ショッピングセンター(以下SC)に来店されたお客様の「館内回遊動線」を、iBeaconの活用により見える化・分析できるシステム【SCコンシェルジュ(R)リサーチ「人流解析」】(以下 本サービス)を開発いたしました。本サービスにより、SC運営者は、将来の改装計画・販売促進計画の立案に活用可能な、確かなマーケティングデータを手にすることができます。

今回分析をおこなう対象は、株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下パルコ)が運営する「名古屋PARCO」です。
名古屋PARCO館内に設置した「Beacon端末」の発する信号を、買い物ユーザーにお持ちいただくスマートフォンを経由してデータベースに蓄積、それを分析することで、お一人お一人の館内回遊動線を明らかにいたします。名古屋PARCOでは、今秋実施する大規模な改装の前後に合わせて本調査をおこない、その結果を改装効果の検証にも活用いたします。
このようなiBeaconを活用した大規模な動線調査は、業界初の試みとなります。
※1回目は7月末、2回目は10月末を予定しております


Beacon端末の設置・データベース周りの仕組み構築には、株式会社エンプライズ(東京都千代田区、取締役社長:清卓也)の協力を得ております。また、得られたデータの可視化・解析においては、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(神奈川県横浜市)の神武直彦准教授の協力を得ており、パルコ・シティとしては初めての本格的な産学連携プロジェクトです。
なお、調査用スマートフォンはソフトバンクテレコム株式会社より提供いただきました。

パルコ・シティはこれまで、SCおよび出店テナントがおこなう集客・販売促進・情報発信など、お客様に向けた日々の運営業務を支援してまいりました。お取引先が国内50SCを超えてきた中で、『SCではたらく全てのひとへ。』をコンセプトに、従来の販売促進支援から調査/分析、業務効率化まで、SCのビジネスプロセス全体を対象とする統合パッケージ【SCコンシェルジュ(R)】シリーズを提供していくことといたしました。今回の調査は、2014年2月に都内で実施した【SCコンシェルジュ(R)リサーチ「人流解析」】の第二弾です。



■【SC Concierge(R) Reserach「人流解析」】の特長
(1) 調査にご協力いただく方1人ひとりの「館内回遊行動」をデータ化することができます
→ これまで困難であった「来店したが購買にいたらなかった」お客様の分析が可能になります

(2) 調査用アプリが予めインストールされた端末を用意し、買い物ユーザーに貸し出す手法です
→ お客様の端末を使用しないため、個人情報流出等の心配は一切ございません
  そのため、調査への協力を得られやすく、短期間で集中的にサンプル取得が可能です

(3) パルコをはじめ、商業施設の運営経験のある者が 分析・考察・レポート作成 を担当いたします
→ 豊富な知見を基に、データの咀嚼・仮説/改善策の立案など、「使えるレポート」を提供します




■今後のバージョンアップ展望
今回の発表に先立ち、本サービスの仕組みを全国各地の複数SC様にご案内いたしましたところ、多数の引き合いをいただきました。当社としては、本サービスの提供を加速すべく、例えば同シリーズ商品の【SCコンシェルジュ(R)アプリ】と連携させるなど、調査手法の改善に随時取り組んでまいります。

※ SCコンシェルジュ(R)は、パルコ・シティの登録商標です。
※ iBeaconは、Apple Inc.の登録商標です。


【株式会社パルコ・シティの概要】
・社 名 :株式会社パルコ・シティ
・所在地 :東京都渋谷区
・代表者 :川瀬賢二(代表取締役社長)
・設 立 :2000年3月
・ウェブサイト:リンク


■本件に関するお問い合わせ
株式会社パルコ・シティ  広報担当
TEL:03-3477-8910  Email:otoiawase@parco-city.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。