logo

カンプロ、茨城県後援・身近な和食を学ぶ夏休み料理教室を開催 県内小学生高学年の参加者を募集

カンプロ株式会社 2014年07月23日 19時22分
From Digital PR Platform


 茨城県域において安全で快適な“ガスライフ”を提供するLPガス会社の老舗、カンプロ株式会社(本社・茨城県水戸市、代表・秋葉良孝)は、毎月開催している料理教室の特別企画として、県内の小学生高学年を対象とした料理教室を初めて開催します。

 日程は夏休み期間中の8月19日(火)で、会場は水戸市内の中川学園調理技術専門学校です。開催に際して、現在参加者を募集しています。

 講師には、東京・西麻布の日本料理店、分とく山の総料理長である野崎洋光氏(=写真)をお招きして、「小学生でも簡単手軽に作れる身近な和食」をテーマに、県産の食材などを使った3品の作り方を指導いただきます。

 当日は、まず野崎氏からの和食の魅力と県産の食材についてのお話と調理指導を経て、参加者による調理実習となります。自身と保護者のために2食分を作り、その後は親子で出来栄えの確認や試食してもらいます。

 カンプロでは、昨年12月の「和食 日本人の伝統的な食文化」のユネスコ世界無形文化遺産への登録を受けて、今回の特別料理教室を企画しました。

 参加者には、今回の参加が簡単手軽に作れる和食の魅力をはじめ、調理することの楽しさに気づいたり、また県の食材について理解を深めるきっかけになることを期待しています。

【開催、募集概要】
●名称: カンプロ子ども料理教室 和食スペシャル
●主催、後援: 主催 カンプロ株式会社、後援 茨城県
●開催日時: 2014 年8 月19 日(火) 11:00 から14:00 まで
●開催場所: 中川学園調理技術専門学校 (水戸市見和3-663-10)
●講師: 日本料理 分とく山(わけとくやま) 総料理長 野崎洋光(のざき・ひろみつ)氏
伝統の日本料理界に新風を吹き込み、NHK を中心にテレビでも活躍されています。
2004 年のアテネ五輪では日本代表野球チーム長嶋総監督の希望により総料理長に就任。
●内容
 野崎氏による和食の魅力と茨城県の食材についてのお話
 野崎氏の調理指導(デモンストレーション)
 参加者による調理実習: 簡単においしく作れる土鍋ごはん、夏バテにも負けない冷や汁、和風ローストビーフの3 品の予定
  ※保護者は実習には参加できません(見学)
 参加者と保護者との試食
●応募資格、定員: 県内在住の小学校高学年(5・6 年生)以上とその保護者16 組
●参加費: 2,000 円 (参加者と保護者2 人分の材料費として)
●応募方法、締め切り: カンプロへの電話による応募。電話029-247-1100
応募締め切りは、8 月10 日(日)17:00 まで。応募多数の場合は抽選となります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。