logo

大鵬薬品、オープンイノベーションファンドに出資、がん創薬力の強化を図る

大鵬薬品工業株式会社 2014年07月23日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年7月23日

大鵬薬品工業株式会社

大鵬薬品、オープンイノベーションファンドに出資、
がん創薬力の強化を図る

大鵬薬品工業株式会社 (本社:東京、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)は、Remiges Ventures(拠点:東京、米国マサチューセッツ州、代表:稲葉太郎)が設立したRemiges BioPharma Fund, LP (以下「Remiges Fund」)に対し、最大累計で3,000万米ドル(約30億円※)の出資をすることを決定しましたのでお知らせします。

大鵬薬品は米欧の大学、研究所、成長初期段階のベンチャーとのオープンイノベーションのプラットフォームとして、Remiges Fundを活用してまいります。
製薬企業の開発戦略の柱がバイオベンチャー起源の医薬品となっていくなか、大鵬薬品は本年3月に世界に先駆けて国内で製造販売承認を取得した新たな作用メカニズムの抗がん剤「ロンサーフ(R)配合錠T15・T20」など、日本発の独創的な新薬の研究開発に取り組んできました。

今後、Remiges Fundの日米クロスボーダーチームを通じて最新の技術知見が集まる米欧のベンチャーコミュニティーとネットワークを築くことで、革新的なテクノロジーにアクセスできると考えています。また、Remiges Fundと連携し、目利き力のある自社人材の育成に取り組み、さらなる創薬力の強化を図ってまいります。

※: 100円/ドルで計算

【ファンド概要】
ファンド名  Remiges BioPharma Fund, LP
ファンド規模 1億5,000万米ドル
設立時期   2014年6月
活動拠点   日本 東京、米国 マサチューセッツ州
投資対象   ヘルスケア領域 (創薬に特化)
URL     www.remigesventures.com (Remiges Ventures)

【大鵬薬品について】
大鵬薬品は、日本における抗がん剤のリーディングカンパニーの一つとして、国内随一ともいえるエビデンスを創出し、より良い治療法の確立に貢献しています。
茨城県つくば市に創薬基礎研究のためのセンターを構え、多様なメカニズムを持つ抗がん剤の創出に取り組むとともに、米・欧・アジアに開発拠点を設置し、また自社販売網の拡大を目指すなど、世界中から信頼される機動的なスペシャリティファーマを目指しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。