logo

使い方はあなた次第。切り替えて「一台二役」で使える自転車用パーツ発売。

ビーズ株式会社 2014年07月23日 08時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014/07/23

ビーズ株式会社 

使い方はあなた次第。切り替えて「一台二役」で使える自転車用パーツ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は、弊社自転車ブランドDOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)より、フロントライトとしてもリアライトとしても使用できる「コンパクト2in1LEDライト DLS182-BK」、警告音と接近音を切り替え発することができるベル「ヴァイスベル DBB181-BK / DBB181-GL」を発売します。

【「一台二役」でエコなライト】
 現在自転車のライトの種類は非常に多種多様で、特にスポーツ自転車初心者の中にはどれを選んでいいか分からないと感じる人も多いようです。 「コンパクト2in1LEDライト DLS182-BK」は、どちらも持っていないがひとまずライトを買いたいと考えている人や、フロントライトは持っているがリアライトは持っていない人に最適なライトです。 本体部分にデザインされた赤色のカバーを回転させることで、白色と赤色を選ぶことが可能。 まずはフロントライトとして使用し、別途ライトを買い足した際にリアライトとして使う、というようなことができるため、買い換えてもまだ別の使い道が残されておりお財布にも環境にもエコといえます。

【「一台二役」で安全を高めるベル】
 自転車は車やバイク以上に音が鳴らない乗り物です。 そのため、自転車歩行道やサイクリングロードなど歩行者も通行している道路を走行する場合、歩行者が自身の接近に気づかず、すれ違いざまや追い越しざまに接触し事故につながることがあり大変危険です。 「ヴァイスベル DBB181-BK / DBB181-GL」はそんな危険を軽減することができる製品です。 最大の特徴は、自動車におけるクラクションの役割を果たすベルに内蔵した風鈴のような振子構造。 走行振動により軽やかな鈴音が鳴る仕掛けで、他者に不快感を与えることなく遠くから自身の接近を知らせることができます。 ベル上部に備えられた「ミュートボタン」を押し下げることで、振子が固定され鈴音を鳴らさずシンプルな警告用ベルとしても機能するため、シチュエーションに合わせて使用可能です。

 DOPPELGANGER (R)は、「使い方が決まった製品があり、ユーザーがそれを選ぶ」ではなく、「ユーザー」が製品の使い方を選ぶ」という新しい考え方を込め、これらの「一台二役」製品をリリースします。


【 商 品 名 】 コンパクト2in1LEDライト DLS182-BK
【 カ ラ ー 】 ブラック
【 希望小売価格 】 1,400円+税
【 発売開始時期 】 2014年7月
【 製 品 ページ 】 リンク     

【 商 品 名 】 ヴァイスベル DBB181-BK / DBB181-GL
【 カ ラ ー 】ブラック / ゴールド
【 希望小売価格 】1,600円+税
【 発売開始時期 】 2014年7月
【 製 品 ページ 】リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事