logo

◎MobileIronが日本でEMMの完全自動化クラウドサービスを開始

MobileIron 2014年07月22日 15時07分
From 共同通信PRワイヤー

◎MobileIronが日本でEMMの完全自動化クラウドサービスを開始

AsiaNet 57389
共同JBN 0811 (2014.7.22)

◎MobileIronが日本でエンタープライズ・モビリティー・マネジメント(EMM)の完全自動化クラウドサービスを開始

【東京2014年7月22日PRN=共同JBN】
*東京のデータセンターをベースにMobileIron Cloudを展開

エンタープライズ・モビリティー・マネジメント(EMM)のリーダーであるMobileIron(モバイルアイアン、リンク)(NASDAQ: MOBL)は22日、エンタープライズ・モビリティー・マネジメント(EMM)向けの次世代クラウドソリューションであるMobileIron Cloudを日本で展開すると発表した。完全に自動化され日本向けにローカライズされたMobileIron Cloudは、ユーザーがモバイル機器で必要とするビジネス・アプリとコンテンツへのシームレスなアクセスを提供する一方、ITは企業データを適切に保護できる。

Logo - リンク

MobileIronのボブ・ティンカー最高経営責任者(CEO)は「日本の顧客は社員がモバイルアプリとコンテンツを利用することで生産性が向上することを実感しており、それを目の当たりにできて非常にうれしかった。顧客はこれまでになかったスピードと使い勝手の良さがあるMobileIron Cloudを使って、基本的なモバイル機器管理からエンタープライズ・モビリティー管理に移行できる」と語った。

ガートナーは「日本の最高情報責任者(CIO)の4人に1人はパブリッククラウドに大幅な投資をした」と指摘した(注)。世界的な調査結果と比べ、日本ではコストではなくアジリティーを重視することがその理由である。MobileIron Cloudはクラウドのアジリティーと、MobileIronの優れたEMMプラットフォーム、さらにエンタープライズグレードのセキュリティーを一体化しているサービスである。MobileIronの多層型セキュリティー・モデルによって、組織はモバイルデバイスでのユーザー体験を損なうことなく、重要な企業データを保護することができる。この多層型セキュリティーは、個人データを監視したり変更したりせずに企業のメール、アプリ、コンテンツを安全に守る能力を備え、身元を確立し認証するために証明書を使用するとともに、モバイル機器がコンプライアンスを満たさない場合には通知、検疫、その他のアクセスポリシーを自動トリガーするクローズドループ・オートメーションを提供し、さらに登録、コンプライアンスのチェック、復旧のためのセルフサービス・ツールを社員に提供する。

▽ITにとってのMobileIron Cloudのベネフィット
*数分で展開が可能
*モバイルセキュリティーを自動化する
*数千のモバイルアプリ、ファイル、機器のデータを管理、保全、追跡する
*サポートを受けるメーカーの新規ハンドセットに対するデイゼロ・サポート
*モバイル技術の進化に即座に追従
*数十台を保有する中小企業から数百万台の機器を擁する世界的なモバイル企業までサポートすることが可能
*現場での高可用性とグローバルDR(災害復旧対策)を備え途切れのないモバイル管理を提供する

▽社員にとってのMobileIron Cloudのベネフィット
*個人用のアプリおよびファイルから得られるのと同等の消費者グレード体験で業務アプリとコンテンツを利用する
*直感的なユーザーインターフェースによってヘルプデスクへの要請を減らし、トレーニングの必要性も解消する
*個人用機器のロック、アンロック、ワイプ(データ消去)、リタイアの際には、セルフサービス・ポータルを通じて機器を管理する

MobileIronアジア太平洋地域の柳下幹生副社長(セールス担当)は「MobileIron Cloudは、顧客がMobileIronに期待するエンタープライズグレード・セキュリティーと素晴らしいユーザー体験が一体化している。日本のCIOはアジリティーと運用の簡素化を求めており、このCloudがその対処法である。日本市場に対する当社のコミットメントの一環として、われわれは完全自動の製品を提供しており、このため日本の組織はエンタープライズ・モビリティーとクラウドの両方がもたらす効果を直ちに実感することができる」と語った。

▽MobileIronについて
MobileIronは世界中の企業をモバイルファースト組織に変革する基盤を提供する。詳細はウェブサイトwww.mobileiron.comを参照。

(注)Gartner 2014 CIO Agenda: A Japan Perspective, Satoshi Yamanoi and Kazunari Konishi, March 20, 2014

ソース:MobileIron

▽問い合わせ先
宮田
03-6205-3415
japan@mobileiron.com
Sara Nixon
+1 650-336-3123
snixon@mobileiron.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。