logo

国内初のヘリコプターによる「時間領域空中電磁法探査」を実施

JOGMEC 2014年07月18日 14時17分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、7月下旬から九州の「くじゅう」及び「霧島」の2地域において、地熱資源ポテンシャル評価の効率化、広域調査の高精度化をめざし国内初の探査法である時間領域空中電磁法を適用した探査を実施します。 本調査は昨年度より開始した「地熱資源ポテンシャル調査」の一環として行うものです。


1.わが国には地熱資源の賦存が見込まれながらも、具体的な調査が不十分な地域が多く存在するため、開発を促進するための調査を効率的に行うことが急務となっており、昨年に引き続き九州の「くじゅう」及び「霧島」の2地域においてヘリコプターを用いた空中物理探査「地熱資源ポテンシャル調査」を行います。 (参考:2013年10月8日ニュースリリース「地熱ポテンシャル調査の開始」)

2.7月下旬から開始する調査は、国内初のヘリコプターによる「時間領域空中電磁法探査」という手法を適用します。この手法は、地下の電気的な構造を調べるもので、測定条件が整えば地下500m程度までの測定が可能であり、地熱資源につながる情報が得られると期待されます。

3.昨年実施した「空中重力偏差法探査」では、広域的な地質構造の把握のための重力分布がこれまでの調査より精緻に把握できており、今回新たに行う「時間領域空中電磁法探査」と「空中磁気探査」の結果の他、既存のデータや文献と併せて総合的に解釈することで、地熱ポテンシャルの評価を効率的に精度よく行うことをめざします。

4.地熱資源ポテンシャルが高く、かつ既往調査が多く行われている両地域で調査を行い、地熱資源ポテンシャルの評価に有益な手法であることを確認した後は、順次、各地で実施していく方針です。

5.また、得られた調査結果は、地すべり、火山活動等の災害対策や温泉資源把握等の用途にも有用と考えられ、関係省庁や関係自治体、大学等研究機関などに提供してまいります。

    
    
→ 詳細を読む
リンク  
  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事