logo

日本スティーベル、ドイツ再生可能エネルギー利用設備最新技術に関する講演会を開催

日本スティーベル株式会社 2014年07月18日 11時00分
From Digital PR Platform


独・住宅設備メーカー スティーベルエルトロンの日本法人である日本スティーベル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:藤城 勇一)は本日、スティーベルエルトロンの創業90周年を記念し、同社のオーナーであり工学博士でもあるウルリッヒ・スティーベル博士をドイツから招致して「ドイツ発 再生可能エネルギー利用設備 最新技術のご紹介」と題した講演会を開催することを発表しました。

本講演会は、様々な建築物へ利用可能な再生可能エネルギー熱源を利用した設備に対する関心を高めることを目的としており、本内容にご興味のある方であれば、どなたでもご参加いただけます(ご参加のお申込は先着順となっています)。

講演内容:
ドイツで90年の実績を持つスティーベルエルトロングループのオーナー、そして工学博士として再生可能エネルギー熱源を利用した設備の研究に取り組むスティーベル博士を招致し、現在注目を集めている地中熱ヒートポンプや換気排熱を利用した設備機器を含めた、再生可能エネルギーを熱源とする機器のドイツにおける最新技術と、グリーンエネルギーの流れをリードする企業の一つとして、ドイツが掲げる「エネルギーシフト」への歩みを止めないための施策についてお話しいたします。
※詳細URL: リンク

日程・会場:
9/2(火)札幌会場 札幌全日空ホテル(会場:白楊の間)
定員110名/先着順

9/3(水)仙台会場 仙台国際センター(会場:萩)
定員140名/先着順

9/4(木)東京会場 秋葉原UDX(会場:Type-S)
定員120名/先着順

時間: 開場12:30 講演13:00~16:30予定(各会場共通)
参加費: 無料

スティーベルについて
日本スティーベルは住宅設備のリーディング・カンパニーである独・スティーベルエルトロン社の日本法人として、環境先進国ドイツの厳しい基準をクリアした高い技術力から構成される住宅設備を日本国内に輸入そして販売を行っています。スティーベルエルトロンは1924年の創業から90年間培われた信頼と品質、そしてノウハウをもって、住宅設備市場に常に革新的な製品を投入し、市場に変化を与え続けています。スティーベルエルトロンはドイツ・ホルツミンデンに本社を置き、世界に5つの工場、24の子会社を有し、代理店・販売店を含めて120カ国に展開しています。
スティーベルエルトロンホームページ(英語):リンク
日本スティーベルホームページ:リンク

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先:
日本スティーベル株式会社  広報担当 タレイ 
Tel: 044-540-3203 Email: stiebel-pr@nihonstiebel.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事