logo

岩波現代全書『原典でよむ 渋沢栄一のメッセージ』 7月18日(金)に発行

文京学院大学 2014年07月18日 10時18分
From Digital PR Platform


文京学院大学経営学部教授の島田昌和が編者となった書籍『原典でよむ 渋沢栄一のメッセージ』が、本日、株式会社岩波書店より岩波現代全書として発行されましたので、お知らせいたします。

本書は、世界遺産に登録された「富岡製糸場」をはじめ、生涯で1,000以上の企業や団体の立ち上げ・育成に関わり、「近代日本の民間リーダー」と称される渋沢栄一の、「スピーチ」に焦点を当てた初めての書籍です。

「日本資本主義の父」「教育家」「民間外交家」「社会企業家」とさまざまな顔を持つ渋沢栄一は、数多くの書籍を出版しています。しかし、書物として記されたものと、聴衆を前に直接スピーチされたものとでは、その内容や語り口が大きく異なっています。本著では、渋沢栄一が社会に直接語りかけた「スピーチ」のメッセージから、現代でも普遍性を持つ気概や情熱、ものの見方を知り、今を生き抜くヒントを読み取ることを目指しています。


【 『原典でよむ 渋沢栄一のメッセージ』 目次 】
序 維新の変革の中で自分の原点ができた-渋沢の定番トーク
第I部 会社組織のメッセージ
 第1章 官尊民卑の打破は合本法で生み出す
 第2章 殖産興業のための商業金融路線の確立
 第3章 逃げずに、根気強く、株主総会で共通利害を生み出す
 第4章 国に頼らず、外資に耐えうる企業体質
第II部 教育を通じてのメッセージ
 第5章 若き“キャプテン・オブ・インダストリー”への忠告
 第6章 私学の雄・早稲田の杜を守り抜く
 第7章 女子のあるべき姿を求めて
 第8章 新しい商人は卑屈になるな
第III部 国際社会へのメッセージ
 第9章 宗教の根源を求めて-帰一協会のメッセージ
 第10章 はじめての米国訪問
 第11章 関東大震災への対応-天譴と復興
 第12章 最後の賭け、青い目の人形交流
第IV部 国家・社会へのメッセージ
 第13章 社会事業を切り開き、人生の最後まで捧げる
 第14章 道理正しいビジネス
 第15章 労使協調といういばらの道を進む
結 孫の敬三が引き継いだもの-戦後処理を担った大蔵大臣
あとがき


【 『原典でよむ 渋沢栄一のメッセージ』発行概要 】
書名: 『原典でよむ 渋沢栄一のメッセージ』
編者: 島田昌和
発行: 株式会社岩波書店
定価: 本体2,100円+税
刊行日: 2014年7月18日
仕様: 四六判
ページ数: 240ページ
ISBN: 978-4-00-029139-2
販売店: 全国の書店


【 編者プロフィル 】
■氏名
島田 昌和 (SHIMADA Masakazu)
■職名
教授
■最終学歴
明治大学大学院経営学研究科博士課程
■学位
経営学博士(明治大学)
■主な経歴
1987年 早稲田大学大学院経済学研究科経済学修士号取得
1993年 明治大学大学院経営学研究科博士課程単位取得満期中退
1996年 文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部助教授
1998年 ミシガン大学客員研究員
2001年 文京女子大学(現・文京学院大学)経営学部教授(現在に至る)
2006年 明治大学大学院経営学研究科にて博士号取得
2007年 文京学院大学大学院経営学研究科教授(現在に至る)
2009年 一橋大学大学院商学研究科日本企業研究センターフェロー(現在に至る)
■専門分野
経営史、経営学
■研究課題(主なテーマ)
渋沢栄一の企業者活動の史的研究
光学系精密機械産業の研究
エンタテインメント・ビジネスの研究
■研究業績(一部抜粋)
『大企業時代の到来』(日本経営史5)(共著)岩波書店、1995年
『情報と経営革新』(共著)同文館、1997年
『渋沢栄一の企業者活動の研究−戦前期企業システムの創出と出資者経営者の役割』
(単著)日本経済評論社、2007年
『進化の経営史−人と組織のフレキシビリティ』(共編著)有斐閣、2008年
『渋沢栄一 社会企業家の先駆者』(単著)岩波新書、2011年 
『企業家活動でたどる金融事業史』(共著)白桃書房、2013年
『渋沢栄一と人づくり』(共編著)有斐閣、2013年



<本件に関するお問い合わせ先>
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)
担当:三橋 / 山口
部署番号: 03-5684-4713



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事