logo

◎銀聯国際が世界40核心地域で優待プログラムをアップグレード

銀聯国際 2014年07月16日 13時57分
From 共同通信PRワイヤー

◎銀聯国際が世界40核心地域で優待プログラムをアップグレード

AsiaNet 57352
共同JBN 0792 (2014.7.16)

【上海(中国)2014年7月15日新華=共同JBN】カードナンバーが62から始まる銀聯(UnionPay)カード向けに国際的な支払いサービスを提供する銀聯国際(UnionPay International)は15日、同社が4月に世界の60主要空港で開始した国際的なカード保有者優待サービス・プログラムに続きカード保有者特典をアップグレードするのに合わせ、カード保有者優待パッケージを40の核心的なビジネスおよびショッピング地域を含むよう拡大すると発表した。

銀聯国際はカード保有者のニーズおよび購買行動傾向の分析から得た知見に基づき、同社が行う販促活動を世界20カ国・地域の40の核となる商業地域に絞ったが、その中には香港、台湾、日本、韓国、東南アジア、欧州、北米、オーストラリア、ニュージーランド、中東を含む世界の人気旅行先にある30の有名ショッピング・センターと1000以上の高級小売店が含まれる。銀聯国際はすべての銀聯カード保有者にカード利用料金の1-2% に相当する為替交換料金を無料にする業界唯一のサービスに加え、2014年7月15日から銀聯カード保有者に最高10%までの拡大小売割引を実施する。(この販促活動は世界的に2014年7月15日から開始されるが、詳細は市場ごとに異なる予定)

銀聯国際のツァイ・ジェンボー最高経営責任者(CEO)氏は「銀聯国際は中国外国旅行客の推奨支払いサービスのプロバイダーであるが、さらに多くの世界のカード保有者に対しても高品質のサービスを提供することにコミットしている。銀聯国際は顧客ニーズの拡大に沿い、ホスピタリティー、食事、ショッピング、交通などの分野で銀聯カードが使える場所のネットワークを拡大するため特段の努力をしてきた。当社のカード保有者優待プログラムは商業地域、免税品店、行楽地などで提供されることを特徴としており、その狙いはカード保有者の幅広い利用に対して全体として報いることができる支払い経験を提供することにある」と語った。

銀聯カードの加盟小売店は割引プロモーションを提供することとは別に、銀聯カード保有者に対するサービスを向上させることにも注力しており、その中には支払いレジの強化、店先の「銀聯歓迎」ステッカー表示、さらに銀聯カードのプレミアム・カード保有者に対してはえり抜きの場所での独占的な特典やアップグレード・サービスなどが含まれる。

前進を続ける銀聯国際は今後も引き続きより多くの核心的優待ビジネスおよびショッピング地域の設定、利用経験の強化、豊かな付加価値サービスの提供を行い、世界中で銀聯カード保有者に対してより多くの特典を提供し、同カードが使える店の世界的なネットワークを拡大していく。現在、世界で1200万を超える小売店、110万以上の自動現金引き出し機が銀聯カードでの支払いまたは現金の引き出しを受け付けている。

詳しい情報はウェブサイト(www.unionpayintl.com)を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。