logo

◎ラ・マルティニケーズ-バルディネ・グループに4つ目の《ミリオネア》商品

ラ・マルティニケーズ 2014年07月16日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎ラ・マルティニケーズ-バルディネ・グループに4つ目の《ミリオネア》商品

AsiaNet 57362

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

ラ・マルティニケーズ-バルディネ・グループに4つ目の《ミリオネア》商品

ラ・マルティニケーズ-バルディネ・グループでは、ラム酒「NEGRITA(ネグリタ)」が、9リットル入りケースで100万ケースを超える生産量を記録した4つ目の商品となり、グループの発展に大きく貢献しました。この記録により、NEGRITAは《ミリオネア》商品の仲間入りを果たしました(出典:Drinks International、Impact et Spirits Business 2014)。
「NEGRITAの成功は私たちにとって大きな誇りです。当グループの歴史の中心を占め、原産地(アンティル諸島およびレユニオン島)と深く結びついたこのラム酒という分野で、私たちはそのノウハウと意気込みを世界に示すことができました」と、グループの国際マーケティング部長であるシルヴィア・ベルナールは語ります。「この成果により、当グループは、スコッチウィスキー、ウォッカ、ラム酒という3つの主要カテゴリーで《ミリオネア》の商品を持つ世界4大グループの1つとなりました。そしてこの《ミリオネア》の認証は、当グループの発展に不可欠な鍵となっているのです。」

マルチメディアのニュースリリースは:
    
リンク


ラ・マルティニケーズ-バルディネについて

ジャン・カイヤールによって1934年に設立されたラ・マルティニケーズ-バルディネは、フランス第2のグループで、スピリッツ(蒸留酒)分野では世界のトップ10入りを果たしています(出典:Impact 2013年9月)。ダイナミックな躍進を見せる独立した同族会社である当グループは、買収や有機的成長によって、過去10年間に売上高を倍増させました。現在の売上高は9億2千万ユーロに達し、その35%は110カ国に及ぶ海外での売上げによるものです。

質の高い世界的にメジャーな商品、強い感動を与える商品を作り出すこと。それがラ・マルティニケーズ-バルディネ・グループが抱くビジョンです。世界中(特にフランス、スコットランド、スペイン、ポルトガル、イタリア)に散らばる27の子会社と26の工場において定期的な投資戦略を実行することで、製品のノウハウを高め、目標の実現に必要な供給面での管理を保証しています。既に以下のように複数のカテゴリーで世界トップの座を占める当グループは、さらなる発展に意気込みを見せています:「LABEL 5」と「SIR EDWARD’S」によりスコッチウィスキー分野で世界第5位*、「PORTO CRUZ」によりポートワイン分野で世界第1位**、「NEGRITA」(ラム酒で世界のトップ10*)と「SAINT JAMES」(アグリコール・ラムで世界第1位)によりラム酒分野での主要な生産者、フランスのブランデーの第1の生産者、「POLIAKOV」によりウォッカ分野でフランス第1位**。

出典:
*Impact 2014 - Top 100 PREMIUM SPIRITS BRANDS WORLDWIDE(プレミアムスピリッツの世界トップ100ブランド)
** IWSR 2014

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事