logo

世界中の乙女を虜にする『Shall we date?』シリーズに新作登場! 『Shall we date?: Scarlet Fate ~Fragments of the past~』を配信開始

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社 2014年07月15日 21時26分
From PR TIMES

 国内最大級の電子コミック配信サイト『コミックシーモア』を中心にコンテンツビジネスを展開するエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:苫名 明、以下NTTソルマーレ)は、英語版恋愛ゲームのペイドアプリ版「Shall we date?: Scarlet Fate ~Fragments of the past~」を米アップル社が提供するApp Store及び米Google社が提供するGoogle Playで配信開始いたします。



 NTTソルマーレがこれまでに配信してまいりました英語版恋愛ゲーム「Shall we date?」シリーズは、App StoreやGoogle Playにおいてお客様から非常に高い評価をいただき、既に全世界で延べ300万人を超えるお客様に楽しんでいただいております。

 今回配信を開始する「Shall we date?: Scarlet Fate ~Fragments of the past~」は、「薄桜鬼」シリーズを企画/制作したアイディアファクトリー株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:佐藤 嘉晃)の「オトメイト」シリーズヒット作『白華の檻~緋色の欠片4~』を、長編で読み応えのあるストーリーや繊細で美しいイラストはそのままに、スマートフォンやタブレットで楽しめるようにモバイル版恋愛ゲームとして開発をいたしました。

1.ストーリー概要
 日本の平安時代。雪深く神聖な地を舞台に、この世の終わりを司る【剣】を封印し、それを守り続けることを宿命とする、1人の巫女――玉依姫。

 彼女は幼い頃から、自らの背負う【罪】に苛まれながら、【剣】の力が解放されてこの世が終わりを招かぬように、【剣】を守護するという重い役目に孤独に耐える日々を送っていた。そんな中、彼女は、とあるカミとの出会いをきっかけに、これまでの孤独な人生が一変して、彼女に協力してくれる仲間達とこの世の終焉に立ち向かうこととなる。

 自らの命を犠牲にしてまでこの世の終焉を防ごうとする彼女だが、愛し始めた相手のために生きたいという気持ちとの狭間で揺れ動くことになる・・・。それぞれが【罪】を背負った者たちの行く末は、いかなるものか。
白華舞う世界で、古の玉依姫の物語が今幕を開ける。


2.サービス概要
(1) Shall we date?: Scarlet Fate ~Fragments of the past~
 あらかじめ利用代金をお支払頂くことで恋愛ストーリーをお楽しみいただけるペイドアプリ版となっております。

端麗な容姿と人間を超えた能力を兼ね備えるキャラクターが登場
あなたの選択で恋の行方が変化するあなたの選択で恋の行方が変化するマルチエンディングストーリー
1キャラクターのストーリーにつき約40枚ものスチルが登場。シナリオ全体を読みつくしてすべてのスチルをコンプするコレクション要素が満載


(2)言語
 英語

(3)対応OS
 iOS: 5.0 or later
 Android: 2.3 or later


3.プレイ料金
・プロローグ : 無料
・本編 : US$5.99 / 1キャラクター
 ※上記は、米国App Store及び米国Google Playにおける販売価格です。
 ※米国以外での販売価格は、米国における販売価格に準じます。

4.配信開始
・App Store
 平成 26 年 7月15日に配信開始
・Android
 平成 26 年 7月 11 日に配信開始

5.アクセス方法
・App Store
 AppStore> 検索>「Scarlet Fate」
 リンク
・Android
 Google Play> 検索>「Scarlet Fate」
 リンク

6.ソーシャルコミュニケーション
 ・“Shall we date?”シリーズ公式Facebookページ
  リンク


7.今後の展開
 NTTソルマーレでは、今後も恋愛ゲームを世界中に積極的に展開し、お客様に新鮮な驚きと多くの感動を提供してまいります。

以上


<本件に関するお問い合わせ先>
●エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
ゲーム事業部 田中、北大宅
連絡先:06-6228-8861
e-mail:info@nttsolmare.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。