logo

新日鉄住金 共同運営の豪ウエスト・アンジェラス鉄鉱山を安倍首相・オーストラリア アボット首相が視察

新日鐵住金株式会社 2014年07月14日 16時30分
From Digital PR Platform


2014年7月9日、安倍晋三首相とオーストラリアのトニー・アボット首相が、新日鐵住金株式会社(本社:東京都千代田区、社長:進藤孝生、以下「当社」)と三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:飯島彰己、以下「三井物産」)、及びRio Tinto(以下「リオ・ティント社」)がオーストラリアで共同運営しておりますウエスト・アンジェラス鉄鉱山を視察されました。同鉱山は3社が共同出資しておりますRobe River Iron Associates(ローブ・リバー・アイアン・アソシエイツ、以下「ローブJ/V」、保有比率:リオ・ティント社53%、三井物産33%、当社14%)によって運営されており、年間生産量29 百万トンを誇る大規模露天掘り鉄鉱山です。

今回の両首相の視察は、安倍首相のオーストラリア訪問の機会に実現したもので、当社からは三村相談役名誉会長及び榮常務執行役員が同行し、リオ・ティント社及び三井物産の首脳と共に両首相をご案内致しました。

両首相には最新の鉄鉱山操業技術をご紹介し、現在実行中の拡張プロジェクト(年間生産能力を29百万トンから35百万トンへ拡張する工事を実行中)のダイナミックさを実感頂くと共に、長年に渡る日豪企業の連携の成果や豪州鉄鉱石産業における日本企業の貢献について理解を深めて頂きました。

当社は今後ともローブJ/V を通じ、鉄鉱石の安定供給・調達の実現に努めると同時に、日豪企業の連携を深化させて参ります。


(お問い合わせ先)新日鐵住金株式会社 総務部広報センター TEL:03-6867-2146
以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。