logo

◎Silent Circleが会員外への暗号化モバイル通話サービス開始

Silent Circle 2014年07月10日 16時55分
From 共同通信PRワイヤー

◎Silent Circleが会員外への暗号化モバイル通話サービス開始

AsiaNet 57316
共同 JBN 0769 (2014.7.10)

【ジュネーブ2014年7月10日PRN=共同JBN】
*非契約者向けの暗号化された国際電話が世界で利用可能になる。

組織や個人に対してモバイル機器のプライバシー保護に革命をもたらす非上場通信企業Silent Circle (リンク)は10日、Out-Circle Calling(OCC)暗号化ハイブリッド電話サービスを拡大すると発表した。Out-Circleの会員は総計79カ国の Silent Circle非契約者に対して(iPhoneアプリの)Silent Phoneサービスを通じて暗号化されたプライベート通話ができるようになる。世界的なOut-Circle Callingの開始は、消費者および企業契約者に高額のローミング接続料金を課金している無線通信事業者による伝統的なモバイル通話モデルにとって大きな(価格)破壊になりそうだ。対照的に、Out-Circle CallingによってSilent Phoneユーザーは、世界の至る所にある標準的なモバイルおよび公衆交換電話網(PSTN)に対する高品質のVoIP選択肢が与えられる一方、セル無線あるいはWi-Fiネットワークのある所ならどこでも利用できるSilent Circleの世界的な暗号化されたモバイル通信が持つプライバシー、利便性、価値を合わせた恩恵をこうむる。

  Logo - リンク

Silent Circleの暗号化国際通話計画に登録される契約者は同日から、SkypeやViberのような最も至近なセキュアでない競走社より4倍から5倍にも対象を大きく広げた数の地理的地域に対して、「outside the Circle(サークル外の)」完璧な通話をしてもらう独自の10桁のSilent Phone番号が与えられる。Out-Circle暗号化通話計画(リンク)は、100分間の通話料金が12.95ドルで始まり、無制限のSilent Phone会員通話、世界中無制限のSilent Textメッセージング、世界のどこでからでも自身のSilent Phone 番号への受信に加えて、カバー範囲にあるどの地域(リンク)でも非契約者への100分間の呼び出しなどの権利が与えられる。通話時間の追加計画(リンク)は、250分間で19.95ドル、500分間で24.95ドル、1000分間で39.95ドルである。通話は呼び出し側の標準的な長距離料率で世界のどこでも受信することができる。

Silent Circleのマイク・ヤンケ最高経営責任者(CEO)は「Silent CircleのOut-Circle暗号化国際通話計画は、世界のすべての場所にプライベート暗号化通信能力をもたらす大きな前進である。Silent PhoneとSilent Textは既に比類ない利益を提供しているが、今回のサービス拡大で、当社はコストとフレキシビリティーの向上を会員にもたらす」と語った。同CEOはさらに「Out-Circle Callingはこれまでのモバイル通話計画に対して低コストでプライベートな選択肢を与えることは事実であり、隣人から旅行中の多国籍企業幹部まですべての人が利用できる。Silent Phoneが持つ優れた通話の質と比類ない組み込みプライバシー保護機能を結合して地理的カバー範囲を拡大したことは、世界中のあらゆる町から安全に通信する個人と企業を支援するSilent Circleの先進的立場をさらに伸ばすものである」と語った。

Silent Circleのヴィック・ハイダー歳入責任者は「Silent CircleはOut-Circle Callingによって、高額な携帯ローミング料金に代わるものを提供することで既存のモデルに直接挑戦する。これは特に、世界の企業および政府顧客に重要な問題である。国際料金とローミング課金は、欧州や中南米の企業の間接費で大きな割合を占めている。当社の暗号化国際通話サービスは、完全にローミング課金をなくすとともに、Silent Phoneの利用によって会員のプライバシーを保護する」と語った。

Silent Circleは犯罪上、国家的、商業、インターネットなど広く増加しているプライバシーの脅威が世界の人々に大きな影響を及ぼしている事態に直面して、世界通信のあり方を変えつつある。Silent Circle会員はiOSやAndroid機器を使って高品質でプライベートな音声、ビデオ通話にSilent Phoneを利用し、Silent Phoneユーザーの機器とSilent Circleのプライベートネットワーク間で通話が暗号化されている所で、通常の電話番号を呼び出す際にはOut-Circle Callingを利用する。デスクトップ向けSilent CircleのSilent Phone は、Windowsラップトップとデスクトップによるユーザー向けの追加機能であるプライベートビデオ会議機能も提供する。会員はSilent Textによって、送信したメッセージや添付ファイルを送り手と受け手の機器双方からあらかじめ指定した時間に自動的に消去する削除機能付きで、最大100MBまでの大容量添付を含むプライベートモバイルメッセージを交換することができる。

Silent Circle独自のプライベート通信アプリはまた、ユーザーの手の中で直接プライバシーと保護とコントロールができる世界初のスマートフォンであるBlackphone (リンク)でも入手できる。Silent Circleとスペインのモバイルフォン開発者Geeksphone(リンク)両社間でスイスを拠点とする合弁企業、SGP Technologiesが開発したBlackphone機器は6月に顧客向けに出荷を開始し、Android(商標)(リンク)に組み込まれたプライバシー保護強化されたOSであるPrivatOS、Silent Phone およびSilent Textを含む全面的なプライバシー保護可能なアプリを備えている。

▽SILENT CIRCLEについて
Silent Circleはスイスに本社があるプライベート通信サービスであり、モバイル機器で音声、ビデオ、テキスト、ファイル転送を経由して暗号化された通信サービスを可能にする機器プラットフォームに革新的なデバイスを供給する。Silent Circleの共同設立者は、米海軍特殊部隊ネービーシールズの元隊員でセキュリティー専門家のマイク・ヤンケ、音声とデータのインターネット暗号化で世界的に知られる制作者で2012年にインターネットの殿堂入りを果たしたフィル・ジンマーマン、Apple全ディスクの暗号化制作者でPGP Corporationの共同創設者であるジョン・カラスの3氏。Silent Circleに関する詳しい情報はリンクを参照。

▽報道関係者問い合わせ先
米国:
Tom Resau
W2 Communications
tom@w2comm.com
+1-703-877-8103

英国およびEU
Dulcie McLerie
Eskenzi PR Ltd.
dulcie@eskenzipr.com
+44-2071-832-837

ソース:Silent Circle

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事