logo

男女の友情は成り立つ?女性は男女の意識をせず交友関係を築く

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年07月09日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、「恋愛観調査2013」の分析をお伝えいたします。

▼『男女の友情は成り立つ?』はこちら
リンク

▼『恋愛観調査2013』はこちら
リンク


▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――――――
(1)友達の数が多い20代。特に女性は交友関係が広い
――――――――――――――――――――――――

あなたは同性の友達と異性の友達、それぞれ何人いますか?
『恋愛観調査2013』にて、首都圏・東海・関西の20代~40代の結婚経験のない男女に、男女の交友関係について調査しました。

◆同性の友達

(男性)同性の友達がいる 79.1%
・5人以上いる 43.0%(20代 52.1% / 30代 35.0% / 40代 33.1%)

(女性)同性の友達がいる 90.7%
・5人以上いる 58.8%(20代 68.1% / 30代 49.3% / 40代 41.9%)

※同性の友達がいる 男女ギャップ:11.6Pt


◆異性の友達
(男性)異性の友達がいる 59.4%
・5人以上いる 20.5%(20代 27.1% / 30代 14.3% / 40代 14.1%)

(女性)異性の友達がいる 70.9% 
・5人以上いる 30.2%(20代 36.6% / 30代 24.3% / 40代 16.9%)  

※異性の友達がいる 男女ギャップ:11.5Pt

交友関係について男女別にみると「同性の友達がいる」は男性が79.1%、女性は90.7%。「異性の友達がいる」は男性が59.4%、女性は70.9%でした。
同性・異性の友達とも「いる」と回答したのは男性に比べ女性の方が多いことが伺えます。
さらに、年代別に友達の人数をみると、20代は他の年代に比べ「同性の友達」・「異性の友達」が5人以上いると回答している人が多く、特に20代女性は友達の数が多いことがみてとれました。

――――――――――――――――――――――――
(2)5割の女性が男女の友情肯定派
――――――――――――――――――――――――

さらに「男女の友情は成り立つか」についても調査しました。

◆男女の友情は成り立つか
(男性)成り立つと思う 35.6%(20代 41.0% / 30代 30.0% / 40代 31.0%)
    
(女性)成り立つと思う 51.1%(20代 55.3% / 30代 48.3% / 40代 40.5%)

※男女の友情は成り立つと思う 男女ギャップ:15.5Pt

「男女の友情は成り立つか」という問いに、男性は3割強、女性は半数以上が「成り立つ」と考えていることがわかりました。女性の方が「男女の友情は成り立つ」と考える人が多く、「男女」を区別せず、幅広い交友関係を築く傾向にあるようです。
また、年代別でみると、男女とも20代が他の年代よりも男女の友情が成り立つことに肯定的でした。
友達と気軽につながることのできる、メールやSNSなどの多様なコミュニケーションツールの発達が背景にあるのかもしれません。 


▼『男女の友情は成り立つ?』はこちら
リンク

▼『恋愛観調査2013』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、結婚情報誌「ゼクシィ」を企画運営する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにおける調査・研究組織です。
結婚や結婚式に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。


▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事