logo

アバゴ・テクノロジー、小型モーション・コントロール・システム用3ch光学反射式エンコーダの新シリーズを発表

アバゴ・テクノロジー株式会社 2014年07月08日 13時00分
From Digital PR Platform


アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周)は、本日、3チャネル光学反射式エンコーダ・デバイスの新シリーズ(AEDR-87xx)を発表しました。この製品は、ステッピング・モータ、電動アクチュエータ、圧電ドライバ、携帯型医療機器などの小型モーション・コントロール・システムに理想的です。

前世代のAEDR-85xxを拡張した新しいAEDR-87xxシリーズは、318ライン/インチ(80μm)の基本エンコーダ分解能を備え、3.3Vおよび5Vの電源電圧対応する最高16逓倍有するデジタル出力品と、より高精細なモーション・コントロールのために外部補間回路と直接接続可能なアナログ出力品をラインアップしました。どちらも高度なアプリケーションに必要なインデックス信号を出力可能です。パッケージは、3チャネル反射光学式エンコーダ・デバイスでは最小のフォームファクタです。

AEDR-87xx製品の特長

・1インデックス・デジタル出力を含む3チャネル出力
・デジタル出力(AEDR-871x)
・アナログ出力(AEDR-872x)
・4倍、8倍および16倍補間用の逓倍回路内蔵(AEDR-871x)
・安定した1Vpp振幅サイン・コサイン出力(AEDR-872x)
・エンコーダスリットピッチ:318 LPI(80μm)
・16逓倍による最高分解能1.25μm(AB相では5μm)(AEDR-871x)
・外部補間回路使用によるサブミクロン分解能(AEDR-872x)
・電源電圧:3.3または5V(AEDR-871x)、5V(AEDR-872x)
・広い動作温度範囲(TA):-20 ~+85℃
・小型:3.95mm(L) x 3.4mm(W) x 0.956mm(H)

アバゴ・テクノロジーのモーション・コントロール製品事業部(MCPD)のバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ ハッセン・フセインは「光学反射式エンコーダ技術は、多くの小型モーション・コントロール・システムに不可欠です。現在のアプリケーションは小型で低消費電力になっており、そのような多くのアプリケーションに組み込まれるモーション・コントロール・エンコーダなどの部品も同様です」「アバゴ・テクノロジーの最新AEDR-87xxは、現代の小型モーション・コントロール・システムの様々な設計課題を解決する高い柔軟性を持つクラス最高の光学反射式エンコーダ・ソリューションです」と述べています。

価格と供給について

AEDR-871xとAEDR-872xはそれぞれ、10,000個単位で15ドルとび22ドルからです。サンプルと量産品の供給は、アバゴの直接販売網または全世界の販売代理店を通して行われます。
アバゴ・テクノロジーAEDR-871xおよびAEDR-872xデバイスの詳細は、
リンク
リンク
でご覧いただくことができます。

アバゴ・テクノロジー社
日本法人: アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周)
アバゴ・テクノロジーは、通信、産業、民生向けアナログ・インターフェース機器のグローバルリーディング・サプライヤです。当社の主力製品は、アナログ、ミクスドシグナル、オプトエレクトロニクスの部品やサブシステムなど多岐にわたっています。ターゲット市場は、インダストリアル / 自動車、情報通信 / エンタープライズ・ネットワーク、そして携帯電話/ワイヤレス・コミュニケーションの3 つの主要マーケットに、高機能そして高品質製品を提供しています。また、世界中に技術サポートおよびカスタマーサービス拠点を有し、お客様をサポートしています。アバゴ・テクノロジー技術革新の伝統は、50 年前のヒューレット・パッカードに遡り、そしてアジレントの時代から受け継がれてきたものです。詳しくは当社のウェブサイトリンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。