logo

フュージョンアイオー、従来製品比2倍のパフォーマンスと2倍の容量を実現した新世代PCIeフラッシュストレージを販売開始

FUSIONIO K.K. 2014年07月08日 10時00分
From DreamNews

<報道発表> 2014年7月8日
フュージョンアイオー株式会社

フュージョンアイオー、従来製品比2倍のパフォーマンスと2倍の容量を実現した新世代PCIeフラッシュストレージを販売開始
アプリケーション高速化を実現する最新のフラッシュメモリープラットフォーム、あらゆる業種のサーバー環境およびアプライアンスに対応

フラッシュメモリーベースのPCIeハードウェアおよびソフトウェアソリューションを開発・提供するFusion-io, Inc.(本社:米国ユタ州 ソルトレイクシティ、最高経営責任者:シェーン・ロビソン、以下Fusion-io)の日本法人 フュージョンアイオー株式会社(本社:東京都新宿区、カントリーマネージャー:江尾 浩昌、以下フュージョンアイオー)は、本日、フラッシュメモリープラットフォームの最新版である「ioMemory PX600」および「ioMemory SX300」(以下、ioMemory)を発表いたします。ioMemory PX600およびioMemory SX300は本日より日本国内における販売を開始いたします。

Fusion-ioは、2006年の創業以来、教育、金融サービス、政府、医療、メディア/エンターテインメント、オンライン サービス、小売、通信など幅広い業界にフラッシュメモリーベースのアプリケーション高速化ソリューションを提供しています。Fusion-ioのソリューションは、現在世界80カ国以上、7,000社以上の顧客に採用され、企業のビジネスの根幹となるアプリケーションのレイテンシーの短縮やパフォーマンスの高速化に貢献しています。

Fusion-io ioMemoryはサーバー環境およびアプライアンスに最適なPCIeフラッシュメモリープラットフォームです。卓越したフラッシュ技術と専用ソフトウェアを統合することによって長年の課題であるITシステムにおけるI/Oボトルネックを解消し、安定した高パフォーマンスと低レイテンシー、長寿命かつ高耐久のデータストア環境を実現します。一般的なSSD*1とは異なりRAIDコントローラを通さず、PCIeバスの特長を活かした高速アクセスが可能です。また、1枚のカードに大量のフラッシュメモリーと高度な冗長化機能を標準搭載しており、省スペースと高エネルギー効率なデータセンターを容易に構築できます。

今回発表したioMemory PX600およびioMemory SX300は、ioMemoryアーキテクチャーに基づいた第3世代PCIeフラッシュメモリープラットフォーム製品です。ioMemory PX600およびioMemory SX300は、最新プロセスのNANDフラッシュメモリーと、その性能を最大限に引き出すためのソフトウェアを組み合わせて、従来製品の特長を踏襲しつつ、2倍のパフォーマンスと2倍の容量を実現しました。また、業界最高クラスの信頼性設計によって、企業システムが要求する整合性と耐久性を兼ね備えています。これにより、データベース、クラウドアプリケーション、ビッグデータ解析、ハイパースケールなど、企業のビジネス成長に重要なアプリケーションの高速化を可能にします。

ioMemory PX600およびioMemory SX300は、フュージョンアイオーのパートナーおよび販売代理店より購入いただけます。また、サポートサービスは購入先より提供されます。

本日発表の新製品を含む、Fusion-ioソリューションの詳細は、以下のURLを参照ください。
ioMemory PX600/SX300 製品ページ(日本語)
リンク

<製品概要>
・ ioMemory PX600
ioMemory PX600シリーズはデータベースシステムや仮想化基盤など、要求の高い企業向けシステムに最適なPCIeフラッシュメモリープラットフォームです。業界最高速の書き込み速度や従来比2倍の読み込み性能、および業界最高レベルの書き込み許容量によってエンタープライズクラス用途のアプリケーションを高速化します。

・ ioMemory SX300
ioMemory SX300シリーズはサービスプロバイダーやクラウド事業者に最適なPCIeフラッシュメモリープラットフォームです。1ユニットの最大容量6.4TBの実現と、従来製品からの低コスト化を実現しつつ、フラッシュメモリーの特長である高速性を活かした低コストのコンピューティング環境を構築します。

<製品特長>
・ アプリケーションを高速化するPCIeフラッシュメモリープラットフォーム
・ 業界最速レベルの書き込み性能
・ 従来製品比2倍の読み込み性能
・ 従来製品比2倍の最大容量(1ユニットあたりの最大容量6.4TB)
・ シンプルな物理的デザイン
・ LDPC*2による業界で最も強固なECC*3の採用
・ 従来製品比2倍の書き込み許容量
・ NANDフラッシュメモリー製品中、最高クラスの低エラーレート (UBER*4)

<販売開始日>
・ 2014年7月8日(火)

*1 SSD:Solid State Drive
*2 LDPC:Low Density Parity Check(低密度パリティ検査)
*3 ECC:Error Correcting Code(誤り訂正符号)
*4 UBER:Uncorrectable Bit Error Rate(訂正不能エラー発生率)

■Fusion-ioについて
Fusion-ioは豊かな日常生活に寄与するため、データインテンシブなアプリケーションを高速化するためのフラッシュメモリープラットフォームを提供しています。業界のリーディング企業として、中小規模のシステムから大規模なデータセンターに至るまで、最先端のフラッシュメモリープラットフォームで支えています。80か国以上、7,000を超えるお客様が応答速度の改善やコスト削減しつつ、アプリケーションの性能や信頼性を向上させるためにFusion-ioのソリューションを採用しています。Fusion-ioはデータセンターを再定義し、フラッシュ上にデータを移すことで、大量のデータ処理や複雑なアプリケーションを高速化します。
Fusion-ioについての詳細はwww.fusionio.com/jp をご覧ください。

■本件に関する報道関係からのお問合せ先
フュージョンアイオー株式会社 福嶋
Tel. 03-5279-3408
E-Mail.pr_jp@fusionio.com

■製品に関するお客様からのお問合せ先
フュージョンアイオー株式会社 山本
Tel. 03-5279-3408
E-Mail.sales-jp@fusionio.com

(C) 2014 Fusion-io, Inc. All rights reserved.
Fusion-ioおよびioMemoryは、米国Fusion-io, Inc.の商標または登録商標です。文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。