logo

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ、米国株式セクターETF「セレクト・セクターSPDR(R)ファンド」9本を日本市場に投入

ステート・ストリート・コーポレーション 2014年07月04日 15時10分
From JCN Newswire

Tokyo, July 4, 2014 - ( JCN Newswire ) - 米国ステート・ストリート・コーポレーション(NYSE:「STT」)の資産運用部門であり、世界的ETFブランド「SPDR(R)(スパイダー)」を展開するステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社(本社:東京、代表取締役社長:山本幸次)は本日、米国株式9業種に投資する上場投資信託(ETF)9本について新たに日本で販売される外国籍投資信託としての届出を金融庁へ提出したことを発表しました。今後、日本においても取扱い証券会社を通じて購入できるようになります。

この度届出を行いましたETFシリーズ「セレクト・セクターSPDR(R)ファンド」(以下「当ETFシリーズ」)の各セクターETFはS&P500指数を9種類の業種に分類した各セクター指数をベンチマークとし、ベンチマークと同等の投資成果(経費控除前)を上げることを目指しています。当ETFシリーズはすべて米国のNYSE Arca取引所に上場しており、米国株式市場の各業種に分散投資をすることを可能とするコスト効率と透明性の高い投資ツールです。各セクターETFの総経費率は0.16%(米ドル建て)で、その詳細は以下の通りです。

銘柄名/銘柄/純資産 残高*(億米ドル)/平均日次売買高*(億米ドル)

一般消費財セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLY US/50.5/2.5
エネルギー・セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLE US/126.8/8.5
金融セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLF US/186.4/5.8
公益事業セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLU US/71.1/5.2
資本財セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLI US/105.6/3.9
生活必需品セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLP US/66.4/3.1
素材セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLB US/54.9/2.5
テクノロジー・セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLK US/126.2/2.4
ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR(R) ファンド/XLV US/101.5/3.5

* 2014年6月末現在。平均日次売買高はBloombergのデータを元にState Street Global Advisors (SSgA)算出(6月の米国株式市場における営業日のNY証取終値×売買高の平均値により推定)

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社の代表取締役社長、山本幸次は今回の届出に関し次の通り述べています。「米国株式のセクター・アロケーション戦略を容易に低コストで行える『セレクト・セクターSPDR(R)ファンド』を日本の投資家の皆様にご提供できることを大変嬉しく思います。当社では、今後も日本の投資家の皆様の資産運用に役立つ運用商品とソリューションを提供してまいります。」

今回の届出により、ステート・ストリートが日本市場に提供しているETFは合計33本(内3本は東京証券取引所に重複上場)となります。

SPDR(R) ETFについて

SPDR ETFは、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSgA)が提供するETF(上場投資信託)シリーズで、投資家の皆様の投資戦略に適切で柔軟な選択肢を提供します。ETFのパイオニアであるSSgAが1993年に設定した世界初のETF、SPDR S&P 500(R)は現在世界最大のETFです。SSgAは世界中で約4,025億米ドル*のSPDR(R) ETFを運用しています。詳しくは www.spdrs.jp リンク をご参照ください。

※上記運用資産額は、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズの関連会社であるステート・ストリート・グローバル・マーケッツ・エルエルシーがマーケティング・エージェントを務めるSPDRゴールド・トラストの運用資産額(2014年3月末時点で約338億米ドル)、およびSPDR S&P MidCap 400 ETFの運用資産額(2014年3月末時点で約160億米ドル)を含んでいます。上記運用資産額は未監査の数値です。
上記カテゴリーは2014年3月末時点のものであり、随時変更される可能性があります。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSgA)について

SSgAは、世界をリードする大手資産運用会社として、規律のとれた投資プロセス、強力なグローバル投資プラットフォーム、あらゆる主要資産クラス、投下資本レンジ、投資スタイルへのアクセスを求める世界中の洗練された投資家によって信頼されています。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、機関投資家を対象とする世界有数の金融サービス機関であるステート・ストリートの資産運用部門です。詳細については www.ssga.co.jp リンク をご参照ください。

当プレスリリースに含まれる情報は有価証券の取引の勧誘を目的としたものではありません。

"SPDR (R)"は、Standard & Poor's Financial Services LLC (以下「S&P」)の登録商標であり、ステート・ストリート・コーポレーションがその使用許諾を得ています。また、"Standard & Poor's(R)、"S&P(R)"、"S&P 500(R)"及び"Select Sector SPDR "は、S&Pの登録商標であり、ステート・ストリート・コーポレーションがその使用許諾を得ています。S&Pまたはその関係会社は、ステート・ストリート・コーポレーションまたはその関係会社が提供するいかなる金融商品のスポンサーではなく、これらの商品の内容に関する保証・販売・宣伝もしていません。またS&Pおよびその関係会社は、これらの商品への投資の適否に関して、いかなる意見表明もしていません。

FINRA(金融取引業規制機構)、SIPC(証券投資者保護公社)の会員であるステート・ストリート・グローバル・マーケッツLLCはSPDR全商品の販売会社で、ステート・ストリート・コーポレーションの完全出資子会社です。ステート・ストリートに関する記述には、ステート・ストリート・コーポレーションおよびその関係会社が含まれる場合があります。ステート・ストリートの関係会社は、SPDR ETFに関するサービス提供をすると同時に、信託報酬等を受け取ります。

日本国内の金融商品取引所に上場していない当ETFについては、金融商品取引法に基づいた発行者開示が行なわれておりません。当資料記載の内容は、将来の運用成果等を保証又は示唆するものではありません。当ETFは株式に投資を行います。ETFへの投資には、市場リスク、為替リスク、金利リスク、信用リスク、カントリーリスク、流動性リスク等が伴います。これらのリスク要因によりETFの価格が変動し、その結果、投資元本を損なう可能性があります。なお、ETFの投資にかかるリスクは上記に限定されるものではありません。ETFを売買する際は、取扱いの金融商品取引業者(証券会社等)の定める売買手数料がかかります。ETFを保有する際には、それぞれ個別に定められた費用がかかります。これらの費用には、運用会社・管理会社に支払う報酬、組入れ有価証券等の売買の際に発生する手数料、監査費用等があります。これらは、運用の状況等によって変動するため、上限を示すことができません。当資料記載の情報は作成時点のものであり、市場の環境その他の状況等により予告なく変更されることがあります。

概要:ステート・ストリート・コーポレーション

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事