logo

◎総工費15億ドルのICONSIAM建設に着工 バンコクに新ランドマーク

Siam Piwat Co., Ltd. 2014年07月02日 16時40分
From 共同通信PRワイヤー

◎総工費15億ドルのICONSIAM建設に着工 バンコクに新ランドマーク

AsiaNet 57244
共同JBN 0740 (2014.7.1)

【バンコク(タイ)2014年7月1日インフォクエスト=共同JBN】
*タイ最大の民間不動産開発が目指すのは国家プライドの象徴的シンボル

タイの誇りとなる象徴的シンボルを目指し、タイ不動産市場で過去最大の民間投資となる不動産開発の代表者は1日、巨大開発計画の主要部分の詳細を初めて公表し、バンコクに建設されるドラマチックな新リバーサイドランドマークをICONSIAMと名付けたと発表した。

くい打ち工事が始まったばかりの総床面積(GFA)75万平方メートルの開発施設には、52万5000平方メートルの2棟の魅力的なショッピングモールや、70階建てと40階建ての超豪華ウオーターフロントマンション、1万平方メートル以上の川沿いのイベント広場のほか、タイで初めての「ICONSIAMの7不思議」と呼ばれる7つのアトラクション施設ができる。アトラクションの中には総延長400メートルと東南アジアで最長となる陸上の「水と火」のショー施設が含まれる。

開発コンセプトへの強い関心と、プロジェクト区域が16エーカーから20エーカーに拡大されたことに伴い、総投資額は計画決定が発表された時の金額から40%上積みされて15億4000万米ドル(500億バーツ)になったと発表された。

ICONSIAMは2017年の完成予定。開発に携わっているのはSiam Piwat(サイアム・パラゴンなど有名住宅開発のオーナー兼管理会社)と、Magnolia Quality Development Corporation(マグノリア・ラチャダムリ・ブールバードといった最高級住宅の開発会社)、多国籍複合企業のCharoen Pokphand Groupというタイで最も成功した3企業である。

Siam Piwat Co., Ltdのチャダティップ・チュトラクル最高経営責任者(CEO)は「われわれが創っているのは、この国に今までなかった、バンコクの人の流れを変え、世界最高の訪問地としての街の魅力を高める最も素晴らしい不動産施設だ。ここで世界の最高がタイの最高と出合う。ICONSIAMはショッピング開発の最前線でも革命的な新アイデアをもたらす。例えば世界で最も有名なブランドはこのショッピング街で有名ブランド店を立ち上げ、その店はそれぞれのブランドの伝統と神髄を発揮することになる」と語った。

Magnolia Quality Development Corporation Ltd.のチパポン・ジアラワノンCEOは「ICONSIAMは新しい街として、住宅とショッピング街、カルチャー的要素を包み込む。半径5キロメートル内に300万人が住み、高級住宅プロジェクトは200件、50の有名ホテルに1万室以上があり、国外からも地元からも人々が集まる地域の中心に位置している」と述べた。

同CEOはさらに「ICONSIAMのMagnolias Waterfront Residencesは世界最高の住宅に仲間入りし、バンコクの住宅開発の新基準になる。入居してもらいたいのは、国境を越えて切れ目なく交わる世界コミュニティーの人たちで、そうした人たちはロンドン、東京、ニューヨーク、バンコクなどどこに住んでも、求めるクオリティーや便利さ、サービスは世界最高水準である」と付け加えた。

Charoen Pokphand Group Co., Ltdの会長付きシニア・エクゼクティブ・アシスタントのナロン・ジアラワノン氏は「ICONSIAMは民間セクターと公共セクターとの最大規模のコラボレーションの中核となり、世界的に有名なバンコクのチャオプラヤ川を活性化する。10キロの川沿いにある30カ所以上の主要民間組織は、活性化や活動で協力し、リバーボート交通を共有する。各組織はこの川を世界的なアトラクションにして、世界で最も望ましい訪問地としてのバンコクの魅力を増やし、新しいASEAN経済共同体(AEC)のハブ都市としての地位を高めることを目指している。この組織には、小売業者、ホテル業者、リバーボート運営業者、歴史的・文化的遺跡などで構成されている」と話した。

▽問い合わせ先
Siam Piwat
Sireetorn Niyomsen
Tel: +66 2-658-1000

Bangkok Public Relations
Pathara Kwantientong
Tel: +66 2-664-9500

ソース:Siam Piwat Co., Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事