logo

2013年度 資源地質学会技術賞 受賞

JOGMEC 2014年07月01日 18時20分
From Digital PR Platform


 6月25日(水)、東京大学小柴ホールで開催された資源地質学会第64回年会学術講演会において、
JOGMEC資源探査部関係職員が南アフリカ共和国における白金族金属鉱床探査での調査成果に関連して、資源地質学会技術賞* を授与されました。

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、南アフリカ共和国ブッシュフェルド地域北部で、カナダのプラチナム・グループ・メタルズ社と共同で実施している白金族金属探鉱プロジェクト「ウォーターバーグ地域」において、ブッシュフェルド岩体の存在を初めて確認するとともに、同岩体中に白金族鉱床を発見し、その後のボーリング調査により、予測鉱物資源量としてプラチナ、パラジウム、金の金属量の合計約693tを報告するなどの探鉱成果をあげてまいりました。

 今般、調査事業の主要担当者であり調査成果に貢献した資源地質学会会員であるJOGMEC資源探査部で南ア白金族探査を担った探査第2課関係者に対し、同学会技術賞が授与されました。      
  
   
   
→ 詳細を読む
リンク
  
  

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。