logo

大規模事業者向け購買管理システム「モノタロウ ONE SOURCE」を、7月1日(火)より提供開始

株式会社MonotaRO 2014年07月01日 16時43分
From 共同通信PRワイヤー

2014年7月1日

株式会社 MonotaRO

検索・比較、購入から決済までをワンストップで!
購買管理システム「モノタロウ ONE SOURCE」
7月1日(火)からサービスを提供開始
~購買業務の効率化・見える化で業務コスト50%以上の削減に期待~

工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)は、大規模事業者向け購買管理システム「モノタロウ ONE SOURCE」を、7月1日(火)より提供開始いたします。

「モノタロウ ONE SOURCE」は、当社の700万点の商品データベースとお客様自身が自社管理している商品や仕入先情報を連携し、商品の検索、比較から発注、決済までをワンストップで行なうことができます。そのため、購買業務にかかる時間短縮、調達コストの削減が可能となり、50%以上の業務コストの削減も期待できるシステムです※2。
当社では、特に全社的な資材の購買管理をされている大規模な事業者様にとって、有効に活用いただけると考えており、既に導入をご検討いただいている事業者様も10社を数えます。

●モノタロウ ONE SOURCEの特徴
サービス名称:「モノタロウ ONE SOURCE」
初期費用   :200万円より
月額利用料  :2万円より

(1)検索/商品比較がより簡易に
MonotaROの700万点の商品データベースと既にユーザーが保持しているローカルカタログ※3をつなぎあわせることで、検索結果にMonotaRO取扱い商品とローカルカタログに登録されている商品が表示される。また、ローカルカタログに同一商品が異なる表記名で登録されている場合も統一されて登録される。

(2)商品ごとに最適な仕入先へ発注が可能に
「MonotaRO」、「サプライヤーA社」、「サプライヤーB社」など、検索アクションに対して検索結果が一覧で表示され、価格や納期などの必要な情報が一目で確認でき、ユーザーにとってより良い条件の仕入先の迅速な選定/注文が可能。


■株式会社 MonotaROについて
本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉
URL:リンク
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品700万アイテムを販売しています。2014年6月10日現在の利用ユーザー数は、約123万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2013年度の12月期の 売上高は約345億円。2014年度の12月期の売上高予想は約426億円。

当社では今後も、あらゆる間接資材をワンストップでご購入いただけるプラットフォームを提供することで更なる利便性の向上を目指し、ユーザーの課題を解決できるよう努めてまいります。

※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。
※2購買管理システムを導入いただいた大規模事業者の事例。これまで行っていた発注にかかる購買担当者、現場担当者の業務量をそれぞれ50%、業務時間全体では10%削減。リンク
※3商品や仕入先情報についてお客様自身が自社管理しているもの。 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。