logo

◎String(R)社、AkzoNobel社と提携し、壁の色をライブでビジュアライズできるARアプリ開発

String(R) 2014年07月01日 11時52分
From 共同通信PRワイヤー

◎String(R)社、AkzoNobel社と提携し、壁の色をライブでビジュアライズできるARアプリ開発

AsiaNet 57176

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

String(R)社、AkzoNobel社と提携し、壁の色を
ライブでビジュアライズできるARアプリ開発

ロンドン 2014年6月25日/PRNewswire/ --
世界有数の絵具・塗料メーカーであるアクゾノーベル社(AkzoNobel)および英国に拠点を置くパーセプチュアルコンピューティング企業のString(R)社は、String(R)社が開発したコンピュータビジョン技術で動くDULUX / SADOLIN / NORDSJO  / CORAL / FLEXA VISUALIZER 新アプリ のリリースを発表しました。

このアプリは6月、7月の間米国を除く主な市場でリリースされており、iOS 及びAndroidで無料利用できます。

(写真:リンク )

Dulux Visualizerは、ユーザが部屋を歩きまわりながらモバイルデバイス上で壁に色を付け、リアルタイムで結果を見ることができるモバイル用オーグメンテッドリアリティ(拡張現実)のアプリです。グローバル塗料ブランドがAR(拡張現実)ツールを消費者に提供するのは今回が初めてで、AkzoNobel社、Tessella社およびWebcredible社が共同開発しました。

「自宅やオフィスのインテリアの色を選ぶのは、非常に個人的な事です。」とString社で開発を監督した商品担当部長のPaul Skidmore氏は述べました。

そして同氏は以下を付け加えました。

「ペンキの色を選び、その色の壁で実際に生活することをプレビューする能力をもって、我々は消費者が心配するリスクを取り除きたいと願います。」

「このパートナーシップは、我々にとって非常に魅力的でした。なぜなら、コンピュータビジョンが消費者にどのように実生活で役立つ事を提供する事ができるのかを示す最高の例だからです。」

「このプロジェクトに対するAkzoNobel社の妥協のないビジョンは、この分野で新天地を切り開くことを我々に要求しました。貴方が現在見るものは、このビジョンへの第一歩です。我々は、現在手掛けている研究開発が製品の未来にもたらす進歩を期待しています。」

AkzoNobel社デジタル事業部門の責任者であるStewart Longhurst氏は以下のように述べました。「String社の意欲と情熱、そして必須の中核技術を発明できるという揺るぎない自信のおかげで、我々はこの困難なプロジェクトを実現することができました。この革新的なツールを消費者に提供することで業界をリードすることを非常に誇りに思います。String社とのパートナーシップの今後についても楽しみです。」

Dulux Visualizerアプリは、アップルストア(リンク )およびGoogle Play(リンク)より無料でダウンロード可能です。

編集後記
詳細は、以下のホームページをご参照下さい。
リンク

問い合わせ先
Al Maxwell - info@string.co +44-208-969-5095

情報元: String(R)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事