logo

PHPコラムvol.41 ‐ 『関数仕様編 その6(参照について その3)』

コラム「PHPer上級者になるために知っておきたいこと」

ヒューマンリソシア株式会社はPHP技術者認定機構の上級試験を題材とした古庄親方の コラム「PHPer上級者になるために知っておきたいこと」のvol.41 ‐ 『関数仕様編 その6(参照について その3)』を公開しました。

###

「参照ってなに?」の説明、参話目でございます。
さて…この参照ですが。C言語などの言語をやっていると割と「自然に」扱いたくなるものなのですが、
書きましたとおり「C言語におけるポインタ」と「PHPにおける参照」は、色々と「違う物」なので、
同じように扱うと痛い目にあいます。

基本的に。
C言語などで「ポインタで扱う」のはおおまか「メモリを省略したい」ってのが初手に来て、
あとはそれに伴って「(データをcopyする、ってのをしないから)速度が速くなる」というのが利点の主軸かと思います
(C言語、でポインタの、特に演算までを扱う理由は他に山盛りあるのですが、”C言語を書いている人が、
PHPにおいて参照を使おうと考える”理由、という観点で)。
PHPはその辺りが、仕組み的に「参照を使わなくても、元々内部で、参照に近い構造」を持っているので。
基本的には「リファレンス渡しをしてもしなくても概ね速度が変わらない」のは、
以下のコードで簡単に実験ができます。

(この続きはこちらから)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。