logo

新たなウエディングトレンド 「シャイ婚(謝意婚)層」

派手な結婚式は恥ずかしい(シャイ)…だけど感謝の気持ちは伝えたい(謝意) 特設サイト 2014年5月21日(水) オープン

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区代表取締役社長:久保征一郎 )が運営するウエディング情報検索サイト「ぐるなびウエディング」(リンク)では、「派手な挙式や披露宴は挙げたくない(シャイ)が、感謝の気持ちを伝える場は設けたい(謝意)」というニーズがあることから、新たなウエディングの
市場として「シャイ婚(謝意婚)層」を提案します。それに伴い、特設サイトを5月21日(水)に開設します。




‐シャイ婚層とは‐
派手な挙式や披露宴は挙げたくないシャイ(shy)な人たちが、本当に大切な人だけを招き、謝意(感謝の気持ち)を伝えるため、少人数でこだわりの料理でおもてなしをするウエディング市場の新しいトレンドです。

半数は「ナシ婚」派・・・ただし、感謝を伝える場として小規模で実施するニーズも

昨今、入籍をしても挙式・披露宴を行わない、いわゆる「ナシ婚」のカップルは47.8%と約半数近くいます※1。背景として、入籍した人のうち3分の1は再婚※2で、最初の子どもを産んだ女性のうち3人に1人は「授かり婚」※3と、再婚や授かり婚が増加していることがあげられます。
※1綜合ユニコム「婚礼・ブライダル施設インダストリデータ2010
※2国立社会保障 人口問題研究所 人口統計資料集2014年版
※3厚生労働省「出生に関する統計」平成22年度

ぐるなびウエディングでは、こうした社会の潮流を受け、「入籍をしても結婚式をしなかった人」に対して調査を行なったところ、71.5%が結婚式を挙げなかった事を後悔していることが分かりました(図1)。

さらに、「しないつもりだったけど結婚式をした人」に満足度を聞いたところ、94.8%が式を実施したことに満足していると答えています(図2)。


その結婚式の招待客は少人数で、派手な結婚式を控える傾向にある(図3)一方で、「両親には花嫁姿を見せ、感謝を伝えたい」、「感謝の気持ちを込めてお披露目をすることは大事だと思った」など、大切な人へ感謝を伝える場を設けたいという思いがあるようです。


そこで当社では、派手な結婚式にはしたくはないが、感謝の気持ちを伝えるために、大切な人だけを招いておこなう結婚式のトレンドを「シャイ婚(謝意婚)層」としました。


「シャイ」だけど、「謝意」は伝えたい…少人数で料理にこだわった「お食事会ウエディング」

ぐるなびウエディングでは、大げさな挙式・披露宴は控えたいが、大切な人に日頃の感謝を伝えたいと考える、結婚式に前向きな「シャイ婚(謝意婚)層」に向けた、特設サイトをオープンいたします。

特設サイトでは、少人数でも感謝の気持ちを伝えるための工夫として「料理」が選ばれていることから(図4)、感謝の気持ちを伝えるのにふさわしいこだわりの料理があり、少人数(40人以下)でも挙式・披露宴が実施できる「お食事会ウエディング」ができる会場を約100会場掲載(2014年5月21日現在)しています。掲載会場は、今年度中に800会場に拡大していく予定です。


【サイト概要】
開設日:2014年5月21日(水)
URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]