logo

freee株式会社が1クリックで給与関連事務が完了する「クラウド給与計算ソフト freee」のベータ版をリリース

freee株式会社 2014年05月19日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年5月19日

freee 株式会社

freee 株式会社が 1 クリックで給与関連事務が完了する「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」のベータ版をリリース。会計帳簿への登録まで自動化。

2014 年 5 月 19 日、全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)を運営する freee 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee)は 1 クリックで給与額・税金・社会保険料の計算などを行うことができる「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」のベータ版をリリースしました。この給与計算ソフトを使うことによって経営者や経理担当者は複雑かつ面倒な給与事務にかかる手間を大幅に削減でき、本業にフォーカスすることができます。


今までの給与計算ソフトは、給与計算・税務等の知識があることやまた作成した給与明細や各種書類を紙で管理することを前提としていたため、必要な情報を探し、給与計算や関連事務を完了するまでに多くの時間・コストがかかっていました。

クラウド給与計算ソフト freee では、従業員のアカウントを作成し、従業員自身が勤怠情報を入力すれば、あとは自動で給与額の計算から、給与明細の発行と配布、社会保険や年金などの支払に関する書類などを 1 クリックで作成できますので (*) 、給与に関する知識がほとんどない方でも簡単に給与関連事務を完了させることができます。

もちろんクラウド上にデータがありますので、各従業員は自身の給与明細をいつでも、PC・スマートフォン・タブレットなど端末を問わず、閲覧可能です。さらに、これらの給与に関するデータは自動で「クラウド会計ソフト freee(フリー)」に会計データとして登録されます。

このような新しいスタイルで給与関連事務を行うことによって、経営者や経理担当者の方が給与関連事務にかかる時間が大幅に削減できます。

(*)一部の機能は今後追加予定です。各機能の詳細は下記に記載がございます。


■経営者の貴重な時間が給与関連事務に費やされている
freee が行った 5-30人の経営者を対象にした調査によると、中小企業ではおよそ 85 % の企業で給与計算業務を内製しており、そのうち半数は経営者が行っているということがわかりました。給与計算にかかる時間は従業員 1 人あたり平均月 28 分かかっており、これは経営者にとって大きな負担となっています。
クラウド給与計算ソフト freee を利用いただくと、1 クリックで給与業務を終わらせることができるため、経営者はより創造的な活動に時間を使えるようになります。

■料金体系
今回のベータ版は無料で全ての機能がご利用いただけます。今後リリース予定の正式版では、従業員 3 人分まで給与計算が可能な基本プランが月額 1,980 円、その後従業員 1 人追加毎に月額 300 円となる予定です。
既に「クラウド会計ソフト freee(フリー)」のアカウントをお持ちの方は、同一アカウントでクラウド給与計算ソフト freee もご利用いただけます。また、クラウド給与計算ソフト freee で追加した従業員ユーザーはそのままクラウド会計ソフト freee での 1 アカウントとしてご利用いただけます。
正式版は今年後半のリリースを予定しております。

■クラウド給与計算ソフト freee(フリー)の特徴
・誰でも使えるよう、使いやすさを追求したユーザインターフェース
多くの給与計算ソフトは、給与計算に関する知識があることを前提にした作りになっています。クラウド給与計算ソフト freee では、給与の知識が全くない方でも迷わずに使うことのできるユーザーインターフェースを実現しています。もう給与計算の本を片手に給与計算ソフトを長時間操作する必要はありません。最小限の入力で給与計算を終わらせましょう。

・税金・社会保険料の自動計算
給与計算では税金や社会保険料の計算も必要です。これらの計算は複雑で法改正等もあるためミスが起きやすいところです。クラウド給与計算ソフト freee では、入力された給与情報を元に税金・社会保険料を自動的に計算します。法改正による税率・保険料率の変更にも自動で対応しますので、ソフトの買い替えやアップデートの必要なく、いつでもスムーズに正確な給与が計算できます。

・クラウド会計ソフト freee と連動
計算された給与や税金・保険料は「クラウド会計ソフト freee(フリー)」に取引として自動で反映されます。給与計算の結果を会計データとして転記する手間がかかりません。

・従業員が基礎情報・勤怠を入力(今後公開予定)
クラウド給与計算ソフト freee では従業員用アカウントを追加することにより、従業員自身が住所などの給与計算に必要な基礎情報や勤務時間を直接入力できます。入力された情報は給与計算時に集計されて給与額に反映できます。入力処理を分担できるため、経営者、経理や人事担当者の給与関連事務の負荷を分散できます。

・給与明細をオンラインで確認(今後公開予定)
従業員は従業員用アカウントを使って、クラウド給与計算ソフト freee 上で自身の給与明細の確認ができます。これにより、給与支払の度に給与明細を印刷し従業員に配布する手間を削減できます。

・提出する書類を自動生成(今後公開予定)
給与を支払う際には、所得税計算高計算書や源泉徴収票といった様々な書類を税務署、年金事務所、市区町村、そして従業員に提出しなければなりません。クラウド給与計算ソフト freee では入力された情報を元に必要な書類を自動で生成します。


freee では今後も会計・給与関連業務の自動化を更に推進すると共に、あらゆるスモールビジネスのバックオフィス業務の自動化を通じて、「経営者が創造的な活動にフォーカスできる」ことの実現を目指します。


会社概要
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  567,910,772円
所在地  東京都港区三田1-2-17 MSビル4F

メディア
「全自動のクラウド会計ソフト freee(フリー)」:リンク
「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」:リンク
スマートフォンで使える会計ソフト「 freee (フリー)」:リンク
青色申告ソフト「freee(フリー)」リンク
freee 公式ブログ:リンク
経営ハッカー:リンク
代表 佐々木大輔ブログ:リンク
世界一ラクにできる銀行比較:リンク

お問合せ
広報担当
E-mail:pr@freee.co.jp
TEL:080-8492-3804

プレスキット
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]