logo

◎Fluke Biomedicalが携帯用輸液機器アナライザーIDA-1Sを発表

Fluke Biomedical 2014年04月23日 12時05分
From 共同通信PRワイヤー

◎Fluke Biomedicalが携帯用輸液機器アナライザーIDA-1Sを発表

AsiaNet 56558
共同JBN 0448 (2014.4.23)

【エバレット(米ワシントン州)2014年4月22日PRN=共同JBN】Fluke Biomedicalは22日、輸液用機器アナライザー製品ポートフォリオに新たにIDA-1S Infusion Device Analyzerを追加したと発表した。

  Photo - リンク
  Logo - リンク

IDA-1Sは携帯用のバッテリー駆動ツールであり、輸液用機器性能を迅速に検証することができる。同製品は重さ3ポンド(約1.36キログラム)に達せず、移動中に迅速かつ信頼できるワンチャンネル測定に理想的なアナライザーである。

Fluke Biomedicalのマーケティングマネジャーであるデーナ・イングラム氏は「IDA-1Sは当社の輸液用テストポートフォリオを完全に補完する製品だ。当社顧客は、コンパクトで携帯できるデザインと相まって、従来型の当社アナライザーで経験する信頼性と精度も見いだして満足するだろう。これは当社が今日まで提供したことのない輸液用テストコンビネーションである」と語った。

IDA-1Sは流量、容量の測定を含む基本的な輸液用機器テスト測定能力を備えており、流体ラインの閉鎖あるいは閉塞から生じる圧力を検証することができる。IDA-1Sは取り付けられた流量記録ソフトウエアを備え、広く多様な輸液ポンプを試験できる。

IDA-1Sは、世界のバイオメディカル専門家から信頼されている精巧な測定技術で設計され、機器の調整が容易で操作しやすくなっており、テストの結果は内蔵メモリーに即座に保存することができる。同機はバッテリー駆動で最大10時間連続操作することができ、移動中のテストに最適である。自動スタート機能が備わり、長い立ち上げ時間を要する注射器ポンプなどのテストが容易になる。

IDA-1Sは、バイオメディカルテスト機器の世界大手企業による最新の輸液機器テストソリューションである。Fluke Biomedicalは2013年末に、自動4チャンネル輸液機器アナライザーであるIDA-5輸液機器アナライザーの発売を開始した。

新しいIDA-1S輸液機器アナライザーの詳しい情報はwww.flukebiomedical.com/IDA-1Sを参照。

▽Fluke Biomedicalについて
Fluke Biomedicalは医療業界向けの検査、測定機器とサービスの一流の世界的プロバイダーである。同社は世界の健康の質を向上させる革新的ソリューションの提供で最善を尽くすよう努力している。同社はバイオ医療エンジニア、品質保証技術者、医学物理士、腫瘍専門医、放射線安全専門家にサービスを提供し、より幅広い健康、安全分野のプロフェッショナル向けに一貫してソリューションの範囲を拡大し続けている。Fluke Biomedicalについての詳しい情報はwww.flukebiomedical.comを参照。

▽問い合わせ先
Shannon Deveny
Marketing Communications Manager
+1-425-446-4600
shannon.deveny@flukebiomedical.com

ソース:Fluke Biomedical

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]