logo

働く女性の1か月のおこずかいは平均36,060円、約25%の9,300円を自分磨きに活用、気になるポイントは冷え性・肌荒れ・太りやすい体質

働く女性の美容行動実態調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、1都3県に住む20~39歳の女性・有職者に「美容に関する悩みとその対処法」を聴取し、働く女性の美容に対する実態及び自宅以外での美容行動「ソト美容」と自宅内で地震で行う美容行動「ウチ美容」の実態把握を行いました。

■調査背景・目的
昨今、美容家電の進化が著しく、毎月のように新商品が店頭に並んでいる。他方、『事始め』の季節とされる春。習い事では「ヨガ、アロマ、ネイル、アロマ」など『女性の外面的な美』に対するものが並んでおり、現代女性はウチでもソトで、も美消費(美容に対する購買・行動など)を行うことが可能となっている。今回は、美消費をけん引する働く女性にスポットを当て、その美容に関する悩みと、それに対する対処法の実態把握をした。


■調査結果
・身体・顔ともに「気になっていること」が「ある」人はそれぞれ全体の89%
・一ヶ月のうちに、「自由に使える平均額」は36,060円
・一ケ月のうちに、「自身の美容のために使う平均額」は9,300円
・「ウチ美容に使う金額」の割合は平均77.7%と、圧倒的にウチ美容に対して投資していることが伺える
・身体の中で「気になっていること」へのウチ美容対処方法は、「積極的に水やお茶を飲む」「健康食品やサプリメント、ビタミン剤を飲む」
・身体の中で「気になっていること」へのソト美容対処方法は、「ジョギング等、自宅外での運動」「サウナ・岩盤浴・よもぎ蒸し風呂」「整体・骨格矯正」
 
■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  :1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県)
調査対象  : 女性 20~39歳
         有職者(正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイト、その他の働き方)
調査期間  : 2014年4 月5日(土)~4月6日(日)
有効回答数 : 1,000サンプル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]