logo

今すぐ飲もうよ! 当日予約アプリ 「イマノモ!」 4/21(月) 都内5エリアでサービススタート

好景気で増える“浮遊層”の当日予約をゲット

株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、ネットでの当日予約を促進するため、 2014年4月21日(月)より、スマートフォンアプリ「イマノモ!」をスタートします。




「イマノモ!」は、「今すぐ飲みたい!」を簡単に実現できるスマートフォンアプリです。ユーザーが希望のエリアと人数、開始時間を登録するだけで、条件に合った飲食店からオファーが届きます。ユーザーは届いたオファーの中から好きな飲食店を選ぶだけで、簡単に予約が完了します。まずは都内5エリアでサービスをスタートし、順次エリアを拡大します。

ぐるなびには、コースメニューやプランを選んでネット予約ができる「プラン予約」や、日時や予算、人数、要望をリクエストすると、条件に合った飲食店からオファーが届く「スーパーらくらく幹事さん」がありますが、これらは歓送迎会や打ち上げなどあらかじめ日時が決まったシチュエーションで活用されています。突発的な宴会や、二次会といった今すぐ飲食店を予約したいというニーズに特化した「イマノモ!」のリリースにより、あらゆるシーンでの集客やネット予約が実現します。

増税後も外食は好調で、歓迎会などの宴会はもとより、二次会にも参加する人が増えています。ぐるなびが2013年11月に実施した調査では、二次会の開催実績は全体の65%でした。そのうち、二次会に参加したと回答したのは87%と、高い参加率が見てとれます。二次会のお店選びは、事前に決まっていることがほとんどなく、一次会終了後にその場で探すのが67%をしめていました。また、好景気の影響で、「チョット一杯」や、サクッと飲んで帰る「サク飲み」需要も高まっている上、ベアアップで財布に余裕が出て、「なんとなく飲みたい」という人も増えています。 それらの中には、「飲んでもいいし、飲まなくてもいい」という“浮遊層”の存在が大きく、「お店がすぐに決まるなら外食したいけど、決まらないなら家で飲もう」という心理が働いているようです。 「なんとなく飲みたい」「すぐにお店に入れれば飲みたい」という気持ちにすぐに答える「イマノモ!」をスタートし、浮遊層に対し、飲食店が積極的にアプローチできるようにしました。「イマノモ!」のリリースにより、加盟店への送客拡大と、あらゆるユーザニーズを網羅して、さらなる予約サービスの拡充を目指します。


1:名前・電話番号を登録


2:エリア・人数・時間を送信


3:お店からオファーが届く


地図表示とリスト表示で切り替えが可能

4:お店を選んで予約


【サービスエリア】
●新宿(代々木)・千駄ヶ谷
●銀座・有楽町・築地
●新橋・浜松町・田町
●渋谷・原宿・青山
●池袋・巣鴨・駒込

Android版 4/21(月)10時予定
iOS版 5月上旬スタート予定

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]