logo

Cloudera、最新版Cloudera Enterprise 5の一般向け提供を開始

Cloudera株式会社 2014年04月03日 14時15分
From PR TIMES

エンタープライズデータハブ向けの次世代プラットフォームを提供

米国カルフォルニア州パロアルト - 2014年4月2日 発: Apache Hadoop (TM) をベースとした企業向けデータ分析マネジメント分野のリーダーであるCloudera(本社:カリフォルニア州パロアルト、CEO:Tom Reilly)は本日、市場をリードする同社の Hadoop プラットフォームの最新版であり、エンタープライズデータハブの中核となる、Cloudera Enterprise 5 の一般向け提供を開始したことを発表しました。

Cloudera は、広範にわたるテクノロジーパートナー様によるビッグデータのエコシステムと共に、お客様が従来の制約を超えて、すべてのデータから価値を引き出すためのソリューションを提供します。Cloudera Enterprise 5 は、お客様にこれまでにないセキュリティ機能や管理機能、ガバナンスに向けた機能を備えた、オープンなデータマネージメント・プラットフォームを提供します。また、Cloudera Enterprise 5 は、あらゆる形態のどんな規模のデータであっても、単一のセントラル・リポジトリ内に格納し、アクセスや分析処理を可能にするデータ管理の為の協力な選択肢を提供します。

Cloudera のプロダクト担当 VP である Charles Zedlewski は次のように述べています。

「Cloudera は、エンタープライズデータハブの基盤となる機能を完全に実現しました。Clouderaが提供する次世代型プラットフォームは、あらゆるビジネスにおいて、データが真に注力すべき対象となるための全ての主要な機能を備えています。Clouderaでは、ポータビリティやオープン性に対するコミットメントを堅持しながら、セキュリティ機能、管理機能、そしてガバナンス機能を提供します」

エンタープライズデータハブは、データに関わる話題の中心を、これまでのようなデータセンターのコストに関わるものから、ビジネスチャンスへと劇的に変化させます。現在、多くの企業では、最も価値あるビジネス資産であるはずのデータを「単に使いこなせれば良い」というレベルに留めてきました。この背景には、保存できるデータの形態や規模に関する限界がありました。ビッグデータの分析には、大規模分散ジョブをネイティブに実行処理できるインフラストラクチャーが不可欠です。エンタープライズデータハブは、既存のストレージ基盤を補完し、また、非常に簡単にデータを取り込めるようにすることで、ユーザーに対し、時間や方法、そして場所を問わず、データや分析インフラストラクチャーをデプロイできる選択肢を与えます。

「格納することが困難だったため、これまで活用されてこなかったモバイルデータやクリックデータ、ソーシャルデータなどの新しいデータが大量に存在します。役立つデータを見極めることが困難であったり、既存インフラストラクチャーへの格納にコストがかかりすぎるという理由で、これらのデータのほとんどが捨てられてきました。エンタープライズデータハブによって、今後は、これらのデータの保存について頭を痛める必要はなくなりました。エンタープライズデータハブは、データの経済価値を変革するものなのです」とCharles Zedlewski は強調します。

Cloudera Enterprise 5 がエンタープライズデータハブの機能を向上させる

Hadoop をコアとする Cloudera Enterprise 5 によって、エンタープライズデータハブでは、すべてのデータをそのままの形で単一のプットフォームに蓄積し、企業のさまざまなワークロードで処理および分析できるようになり、企業向けの実用的な経済性と技術を備えました。

Cloudera Enterprise 5 は、既存のデータマネージメントシステムとの密接な連携が可能であり、また、企業ユーザーにとって非常に重要となる堅牢なセキュリティ、ガバナンス、データ保護、管理機能などを提供します。

堅牢なセキュリティ -必要に応じた十分なセキュリティを確保しつつ、あらゆるデータを、1ヶ所に格納することがでます。データは、クラスターレベルから個々のバイト単位に至るまで暗号化させ、共通のセキュリティインフラ上で管理されます。Cloudera Enterprise 5 では、Cloudera Manager および Cloudera Navigatorによる認証確認、サードパーティのセキュリティ・プラグインによる拡張機能によって、集中的なセキュリティ管理を実現しています。
総合的なデータマネージメント - Cloudera の次世代プラットフォームが複雑なシステムをよりシンプルにします。Cloudera Enterprise 5 には、マルチリソース管理のための YARN が含まれており、Hadoop ベースのエンタープライズデータハブの利用や操作、管理をより容易なものにします。
コーポレート・ガバナンス - データに関するガバナンスやコンプライアンスの制御は、企業のビジネスの中核を成すものです。データ量と利用ユーザーの数が増加するにつれ、各種のリスクが高まります。Cloudera Enterprise 5 に組み込まれた監査と品質管理機能は、ユーザーがデータをどこから取得し、どこに提供したかなど、データアクセスに関するレポートを提供します。
最もオープンなプラットフォーム - Clouderaは、お客様にとって重要なオープンソースをサポートします。Cloudera Enterprise 5 についても同様で、Hadoop 2および YARN を含む最新のオープンソースをサポートします。さらに、APIとSDK、NFS サポートと業界最大のパートナーエコシステムにより、既存のテクノロジー基盤と連携できるよう、Cloudera Enterpriseは構成・設計されています。


Ovum のプリンシパル・アナリストである Tony Bear 氏は次のように述べています。
「現在、分析プラットフォームは、多様な特徴を持つようになってきています。Cloudera Enterprise 5 も同様で、インタラクティブ SQL、検索機能、インメモリ・コンピューティングなど、MapReduce をはるかに超えた広いレンジの分析スタイルをサポートしています。Cloudera Enterprise 5 では、セキュリティ機能、管理機能、ガバナンス機能といった面でHadoopを拡張しています。例えば、新しく搭載されたデータリネージ機能は、十分な監査につながる最初の構成要素と言えるでしょう」

ビッグデータはすべての業界で大きな注目を集めています。大企業は、あらゆる種類のデータを捉え、保存し、さまざまな用途に活用するための手段として Apache Hadoop プラットフォームを採用しています。この適用範囲は、データ処理、データウェアハウスのオフロードやアクティブなアーカイブに限らず、セルフサービス型の BI や高度な分析分野にまで広がっています。

Cloudera Enterprise 5 は、オンプレミスでも、クラウドでも、またマネージド/ホステッド・サービスとしても稼動させることができます。また、Cloudera Enterprise 5 のアプリケーションは、あらゆるデータベース、あるいは検索エンジン上、あるいは、MicroStrategy、QlikView、Tableau、Zoomdata で稼動する場合と同様に稼動します。サービスには、Informatica、Revolution Analytics、SAS および Syncsort が含まれます。

追加情報
Cloudera Enterprise 5についてより学ぶためのトレーニングとサポートサービスは下記からご覧いただけます。
リンク


【Clouderaについて】
Cloudera は、業界初の Apache Hadoop(TM) 上のエンタープライズデータハブである、ビッグデータ向け統合プラットフォームで、エンタープライズデータマネージメントの変革を続けています。Cloudera は、すべてのデータを1ヶ所にストアし、処理・分析することで、既存の投資に対する価値を高めると同時に、全く新たな方法でデータから価値を引き出すための手段を提供します。保存、アクセス、管理、分析、セキュリティ、検索など、重要な業務データを扱う上で必要なソフトウェアを含む、エンタープライズデータハブに必要なすべてを提供できるのは、Cloudera だけです。また、Hadoop プロフェッショナルの有数の育成機関として、全世界で 20,000 名以上の人々を教育してきました。さらに、800名以上のパートナーとベテランのプロフェッショナル・チームが高い時間価値を提供します。エンタープライズデータハブを確実に稼動させるために必要となる、予知・予見的なプロアクティブサポートを提供できるのは Cloudera だけです。すべての業界の先端企業や世界中の公的機関で、Cloudera はその実務に活用されています。

▼Cloudera の情報は下記よりご覧いただけます。
・ウェブサイト : リンク
・ブログ : リンク
・Twitter : リンク
・Facebook : リンク

【報道関係者の方からのお問い合わせ先】
Cloudera株式会社
マーケティング担当:木林
press-jp@cloudera.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]