logo

当社の契約医療機関がMACS GMP PepTivator WT1を用いた樹状細胞ワクチン療法の提供を開始

株式会社メディネット 2014年04月01日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014年4月1日

株式会社メディネット

当社の契約医療機関がMACS GMP PepTivator WT1 を用いた樹状細胞ワクチン療法の提供を開始

 当社の契約医療機関である医療法人社団 滉志会 瀬田クリニックグループは、2014年4月1日より、人工がん抗原ペプチド「MACS GMP PepTivator WT1」(以下、「WT1ぺプチベータ」)※(1)を用いた樹状細胞ワクチン療法の提供を開始します。
WT1 抗原は様々ながんに発現しており、そのため、WT1ペプチド(人工的に作製されたがん抗原ペプチドの1つ)は、非常に有望ながん抗原ペプチドと考えられています。手術などで摘出したがん組織がない場合にも、このペプチドを代用し、樹状細胞ワクチン療法として利用できることから、多くのがん患者様に提供されています。
 しかし、従来のWT1ペプチドは、8~10 個のアミノ酸から構成されているため、樹状細胞ワクチン療法として使用する場合、全てのがん患者様が受けられる治療ではなく、白血球の型(HLA 型)が合致するかどうかを検査する必要があります。
 今回、独国ミルテニーバイオテクGmbH社が新たに開発したWT1ぺプチベータは、15 個のアミノ酸から構成される複数のペプチドがWT1 タンパク質の全配列を網羅的にカバーしていることから、患者様のHLA 型に関係なく、樹状細胞ワクチン療法(WT1 ペプチド感作)を提供することが可能となります。また、WT1ぺプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法はがんを直接攻撃するCTL(キラーT細胞)と、CTLの働きを助けるヘルパーT 細胞を同時に誘導できることが見込まれることから、従来のものよりも高い治療効果が期待されています。
 本治療に関する詳しい内容およびお問い合わせにつきましては、別添の瀬田クリニックグループのリリース「新規技術・WT1ぺプチベータ(MACS GMP PepTivator WT1)の導入で治療対象患者拡大および治療効果向上へ」をご覧ください。

※(1) MACS、PepTivator はMiltenyi Biotec GmbH の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]