logo

アイルは、アパレル企業向けスマートフォン会員アプリサービス「CROSS POINT Apps」を開発しました。

株式会社アイル(本社:大阪市北区・東京都港区、代表取締役社長:岩本哲夫、証券コード:3854、以下アイル)はアパレル企業向けスマートフォン会員アプリサービス「CROSS POINT Apps(クロスポイント アップス)」を開発しました。アイルが提供する、実店舗とECサイトのポイント・顧客一元管理サービス「CROSS POINT」と連動したサービスです。
 スマートフォンをポイントカードとして利用できる他、プッシュ通知機能による実店舗・ECサイトへの送客など、スマートフォンアプリならではのO2O(※)を、コストを抑えて実現できます。実店舗、ECサイトなどといった複数の販売チャネルを融合する「オムニチャネル」が進む中、顧客とのコミュニケーションを強化するサービスとなっています。
 ※Online to Offline:オンライン(インターネット)上での情報がオフライン(店舗などのリアルの場)での行動に影響を与えること。


[ 特徴 ]
1.スマートフォン会員アプリを低価格・短納期で導入可能

パッケージ型アプリのため、企業ごとにゼロからアプリを構築する場合と異なり、コストを抑えながら短納期での導入が可能です。カスタマイズも可能なため、独自の機能追加にも柔軟に対応できます。

2.アパレル企業の会員アプリに必要な機能を搭載

スマートフォンを会員カード・ポイントカードとして利用できる他、商品カタログの表示や購入履歴参照、店舗検索など、アパレル企業の会員アプリに必要な機能を標準搭載しています。

3.実店舗とECサイト、両方へ送客するO2Oを実現

キャンペーン情報などを知らせるプッシュ通知やGPSによる近隣店舗検索、商品カタログからのECサイト誘導など、アプリを起点として実店舗、ECサイト両方への送客が可能です。今後はコーディネート機能や、実店舗とECサイトの在庫連動機能などの追加を予定しています。


[ 標準機能 ]
 会員カード(バーコード表示)/ポイント履歴/購入履歴/ニュース表示/商品カタログ/
 プッシュ通知/GPSによる近隣店舗検索/店舗情報・地図表示 ※プッシュ通知の配信は別途オプションになります。


[ 開発の背景 ]
 アパレル業界において実店舗とECサイトの顧客情報・ポイント情報を一元化したいというニーズが高まってきていますが、システムの構築には時間とコストがかかるため、大手企業のみにとどまっているのが現状です。アイルでは中小企業でも導入できるよう、低コストで利用できる「CROSS POINT」の提供を2013年4月より開始しました。
 実店舗とECサイトの一元管理をすると、顧客とのコミュニケーションを強化するために、スマートフォンアプリを提供したいという声があがってきました。そこで、「CROSS POINT」の付加価値をより高めるために「CROSS POINT Apps」の開発に至りました。中小企業でも導入できるよう、パッケージ型にすることでコストを抑えて提供しています。


[ 「CROSS POINT」について ]
リンク

「CROSS POINT」はアイルが開発・提供する、実店舗とECサイトのポイント情報・顧客情報一元管理サービスです。ポイント管理、顧客管理、分析が可能で、API提供によりPOSシステム、ECシステム、メール配信システムとの連携が可能です。


【 株式会社アイルについて 】 リンク

・社名     株式会社アイル(JASDAQ上場 証券コード:3854)
・代表者   代表取締役社長 岩本哲夫
・設立     1991年
・資本金   2億65百万円
・社員数   381人 [連結](2013年7月末時点)
・売上高   56億48百万円 [連結](2013年7月期実績)
・本社     大阪本社:大阪市北区・東京本社:東京都港区


【 本リリースに関するお問い合わせ先 】
株式会社アイル
担当:広報企画 菅原(すがわら)、吉野(よしの)
TEL:03-6367-5875
MAIL:info@ill.co.jp
東京本社:東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事