logo

MicrosoftとOoyalaが、放送局や事業者向けに最高のマルチスクリーンデジタルTVサービスを提供

Ooyala 2014年03月31日 14時05分
From JCN Newswire

市場からの需要に応える、Ooyalaの革新的なビデオストリーミング・解析プラットフォームとMicrosoft Azure Media ServicesによるパーソナライズTVの標準化の推進

Mountain View, CA, Mar 31, 2014 - ( JCN Newswire ) - Ooyalaはこの度、Microsoft Azure Media Services(以下Media Services)とOoyalaのSaaSベースのビデオ配信・解析および収益化技術とを組み合わせ、次世代のIPビデオサービス展開を開発・推進・加速させるため、Microsoft社と戦略的関係を結んだことを発表しました。またOoyalaは、世界中の放送局や事業者に向けて新しいパーソナライズTVサービスの標準化を推進するべく、グローバルセールスおよびマーケティングにおいてMicrosoftと提携致しました。

このパートナーシップにより、OoyalaはMicrosoft推奨のオンラインビデオプロバイダとなり、MicrosoftはOoyalaの推奨パブリッククラウドプロバイダとなります。両社の膨大な技術力を結集し、どのような事業規模のお客様でも、既存のビデオインフラと統合したハイブリッドシステムや、MicrosoftとOoyalaのツールやサービスをフル活用したEnd-to-Endのデジタルビデオワークフローを構築し、配備できます。OoyalaとMedia Servicesを組み合わせることで、お客様はマルチスクリーンサービスの課題を効率的かつ確実に解決することができます。

「当社とOoyalaとのパートナーシップを通じて、我々は完全統合型の包括的なマネージドTVおよびビデオサービスをお客様に提供することができます。我々は協力し、世界中の放送局や事業者の領域における我々のサービスの採用を積極的に進めて行きます。」とMicrosoft Azure担当コーポレート副社長、Bob Kelly氏は述べています。「Ooyalaの定評ある優れたワークフロー、世界クラスのコンシューマエクスペリエンス、視聴者解析、および収益化サービスは、我々のプラットフォームを拡張し、ライブやオンデマンドのストリーミングサービス提供を強化してくれます。」

Ooyalaの最高製品責任者兼エグゼクティブバイスプレジデントのSean Knappは次のように述べています。「この提携により、MicrosoftとOoyalaはそれぞれのソリューションを組み合わせることで、共に大きな事業機会を捉え、次世代のパーソナライズ化されたビデオのIP配信サービスの標準化を推進します。世界で確固とした存在感を示している弊社の各プラットフォームと、Microsoftが全世界に擁するセールス、マーケティング、サポート要員により、我々は今、非常に拡張性の高い世界クラスのマルチスクリーンTVへの需要の急激な高まりに応える最も重要な位置にいます。」

このコラボレーションにより、最近では4大陸22カ国の膨大な数の視聴者による2014年オリンピックのオンライン視聴を支えた、Microsoftの実績あるMedia Servicesソリューションと、Ooyalaのデータ駆動型ビデオ配信・解析技術とが融合しました。

Ooyalaの技術は、米国のESPNやUnivision、メキシコのCNN ExpansionやMedio Tiempo、コロンビアのトップ放送局であるCaracol、さらにオーストラリア最大の通信業者であるTelstraなど、世界130カ国以上の大手出版社、放送局、事業者に採用されています。Ooyalaのプラットフォームはまた、オーストラリアの新しい映画ストリーミングサービス、Prestoにも利用されています。

「マルチスクリーンビデオ配信は、今やビデオコンテンツのオーナーや配信業者にとって不可欠となっています。しかも習熟が容易なところが、IT部門やデジタルメディアチームの意欲をかき立てています。新規サービスに対してマルチスクリーンがもたらす事業機会は、既存サービスに対するマルチスクリーンの価値を無視したとしても、世界規模で見て、今後5年間でビデオ市場全体の5%から11%に増大するでしょう。Media Servicesの規模と信頼性に、Ooyalaの解析と収益化に関する専門性を合わせることで、主要なメディア&エンターテイメント企業に向けて、より包括的で拡張性のあるサービスを生み出すことができます」とABIリサーチ社のプラクティスディレクター、Sam Rosen氏は述べています。

統合型システムを利用する顧客は、Media Servicesの入稿、ライブおよびオンデマンドでのビデオトランスコーディング、コンテンツの動的な再パッケージ化、コンテンツ保護などの様々な機能および業界屈指のSLAを活用できます。さらにお客様は、Ooyalaの堅牢なマルチスクリーン体験、TV品質での再生、およびビッグデータ解析機能を通じて、コンテンツの検索・推奨・発見だけでなく視聴者に関する識見をも高めることにより、デバイスプラットフォームを問わず、視聴エンゲージメントと収益を最大化できます。

Ooyalaについて

Ooyalaは、オンラインビデオの管理・配信・分析・収益化におけるリーダーであり、あらゆるスクリーンに向けてパーソナライズされたビデオ体験を提供します。Ooyalaの統合された一連の技術とサービスは、視聴者の関心とビデオからの収益を向上させる分析によって、コンテンツのオーナーが視聴者を拡大することを可能とします。

Ooyalaの技術を利用する企業としては、Univision、Foxtel、Comedy Central、NBC Universal、Telstra、ESPN、Bloomberg、Telegraph Media Group、Telefonica、The North Face、Rolling Stone、Dell、Sephora、Yahoo! Japanなどが挙げられます。Ooyalaはカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置き、ニューヨークシティ、ロンドン、シドニー、東京、グアダラハラ(メキシコ)に拠点を持ちます。また、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、日本、そしてアジア太平洋地域の主要なリセラーや技術パートナーと協力関係を結んでいます。さらに詳しい情報については、 www.ooyala.com リンク をご覧ください。

概要:Ooyala

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事