logo

予算50万円で、かつての高級車に乗れる!?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年03月31日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
予算50万円で、かつての高級車に乗れる!?
――――――――――――――――――――

■かつての若者が憧れた車が総額50万円!

「価格がお手頃なこと」は、中古車の魅力のひとつ。その典型例が、今回取り上げるかつての高級車です。日本を代表した高級車でも、デビューから10年以上も経つと総額50万円以下でカーセンサーアフター保証対象車が狙えます。誰にでもオススメできる車ですが、若い人たちほど“ギャップ”があってオシャレです。
今回、紹介するのはトヨタのセルシオ(最終型)とクラウンマジェスタ(3代目)、日産のシーマ(最終型)です。いずれの車も「乗る人が快適であること」、「必要以上にパワフルであること」、「威風堂々としたボディサイズであること」を重んじて作られています。
「古いモデルだしオジサン臭い」「そもそも高級車なんかに憧れていない」という意見もあるでしょう。しかし、“だからこそ”今オススメしたいのです。「古くていかつい車に若者が乗る」というのが流行っていないからこそ個性的ですし、ギャップがあって素敵だと思います。

■今でも十分通用する実力派揃い

もちろん、車としての出来は素晴らしく、その魅力は最新の車と比べても見劣りしません。
例えば、セルシオの特徴である、世界を震撼させた静粛性。まるで「車との一体感ではなく、外との隔離こそが高級である」と主張しているかのようです。当然、NVH(ノイズ、バイブレーション、ハーシュネス)対策は万全。カップホルダーの閉まり方まで計算されているのは、トヨタらしい徹底ぶりです。
クラウンマジェスタもクラウンの最上級モデルだけあって、その乗り心地は流石の一言。日本の道路事情に合わせて開発されるクラウンのDNAを感じさせます。
シーマはセルシオの日産版ですが、静粛性よりも動力性能を重視しています。オプションでは最近、流行ってきたレーンキープアシストを世界で初めて投入。高級車だからこその装備でした。
中古車相場はセルシオが直近3ヵ月で88万円から83万円に下落。クラウンマジェスタは51万円から48万円に、シーマは78万円が68万円へと値下がりしています。結果、総額30万円からクラウンマジェスタが、39万円からシーマが、43万円からセルシオが狙えます(2014年3月25日現在)。

■多走行でも保証を付ければ安心!

さて、相場より安い物件を狙うとなる、気になるのはやはり程度。より具体的に言うと、「故障する可能性」が問題でしょう。
「走行距離が少なければ、トラブルが発生する確率が低い」というのが一般的な考え方です。しかし、車は機械ですから、走行距離が少なかろうと多かろうと、壊れるときは壊れるものです。そんな場面で頼りになるのがカーセンサーアフター保証。万が一、トラブルが発生しても対象範囲内であれば無料で修理できます。走行距離は10万kmオーバーのモノが多いですが、新車時登録からの経過年数をかんがみれば“平均的”な走行距離です。安く買おうと思ったら妥協しなければなりませんが、保証を付ければ安心して車を購入することができるでしょう。


▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】トヨタ セルシオ(最終型)×トヨタ クラウンマジェスタ(3代目)×日産 シーマ(最終型)×総額50万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額50万円を超える場合があります
リンク


▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

総額50万円以下!?シエンタ&モビリオは初めての車にピッタリ!
リンク

輸入車に乗るのは、若いうちのほうが「カッコイイ」?
リンク

予算50万円で「車を楽しみたい」なら、このMT車で決まり!
リンク

小さくても質感バツグン!iQが50万円台から狙える!?
リンク

アウトドアで活躍間違いなしのパジェロが100万円以下!?
リンク

アルテッツァなら総額30万円台でFR+直6の走りを楽しめる
リンク




▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼カー用品通販
リンク


――――――――――――――――――――
●2014年の自動車トレンドキーワードは「バン買い世代」!
~団塊世代が(ミニ)バンを買って、家族の時間を挽回!~
――――――――――――――――――――

自動車マーケットを知り尽くした、カーセンサーnet編集長の後藤が2014年のトレンドを予測しました。2014年は、団塊世代がミニバンを買って、家族の時間を挽回する「バン買い世代」がキーワードです。

<背景>
環境意識・燃費意識の高まりや、高品質で低燃費な軽自動車・コンパクトカーが多く登場したこともあり、自動車のトレンドはダウンサイジングが主流です。一方で、団塊世代の「孫を持つ男性」を中心に、ドライバーとしても現役の彼らは、ダウンサイジングの流れから外れ、ミニバンを購入する動きが出始めています。「行動的」で「多趣味」な団塊世代。金銭的な余裕がある一方で、自らの子育てについては十分な時間が取れなかったことを後悔している人も多いです。世の中の車はダウンサイジングしていますが、3列シートのミニバンなら三世代が一緒に乗ることができます。車の安全性能も大幅に進化しており、高齢者でもより安全に車を運転できるようになってきています。そのような背景の中、ミニバンを買って、孫との時間、子供家族との時間を積極的に過ごし、家族の時間を挽回する「バン買い世代」が増加する兆しが見られはじめました。

▼詳細資料
リンク


▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。