logo

『Robot Eye Walker 4D』システムでの現地座標取得機器として 3次元測定器Leica 3D Distoの採用が決定

ライカ ジオシステムズ株式会社 2014年03月31日 10時30分
From PR TIMES

スイスに本社を置く測量機器メーカー、ライカ ジオシステムズ株式会社(東京都文京区)の3次元測定器Leica 3D Distoが、株式会社U'sFactoryが発売する『Robot Eye Walker 4D』システムに、組み込まれることになりましたのでご案内いたします。



Robot Eye Walker 4D について


本システムは、株式会社U'sFactoryと株式会社岩根研究所との共同開発商品。360°カメラを人体に装着し、歩くだけで360°周囲の3D動画を撮影します。特殊映像解析(CV技術)を用いた全周囲連続動画と、そのデータから3次元CADを作成する革新的な技術の商品です。

特長は、従来の3次元計測および計測後の作業処理工数を大幅に削減し、360°映像から作成する3DオブジェクトCADデータを、市販の3DCADソフトウエアデータに変換できる点です

Robot Eye Walker 4D
リンク
動画
リンク


3次元測定器Leica 3D Distoについて


正確なCADデータ作成のためには、現場の実寸情報(座標情報)が必要です。そのための測定器として、弊社の3次元測定器 『Leica 3D Disto』 を使います。測定結果はテキスト形式で出力できるため、本システムへ転送することで、より正確なCADデータの取得が可能になります。

具体的な測定の流れについては、下記動画をご覧ください。
リンク

Leica 3D Disto製品概要
リンク
動画
リンク


株式会社U'sFactory
リンク

ライカ ジオシステムズ株式会社
リンク


製品に関するお問合せ先:
ライカ ジオシステムズ株式会社
ツールズ事業部
Tel. 03-5940-3101
Fax. 03-5940-3056
Email. disto@leica-geosystems.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。