logo

A10 Networks、ニューヨーク証券取引所に株式を上場

2014年3月21日(米カリフォルニア州サンノゼ発)-- アプリケーションネットワーキング分野におけるテクノロジリーダーであるA10 Networks(tm)(以下、A10)は、米国時間2014年3月21日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に株式を上場いたしました。A10の株式は「ATEN」のシンボルで取引されます。

上場初日には、創設者 兼 CEOであるLee Chenとアジアパシフィックジャパン担当ヴァイスプレジデント小枝逸人他、同社役員がNYSEを訪問し、上場を記念して取引開始のベルを鳴らしました。

Lee Chenは次のように述べています。「A10は、アプリケーションネットワーキング分野におけるテクノロジリーダーです。A10のソリューションは、エンタープライズ、サービスプロバイダー、大手ウェブ企業、政府機関などのお客様のデータセンターアプリケーションやネットワークをより高速、安全に最適化することに貢献しています。本日NYSEへの株式上場を果たし、とても嬉しく思います。」

上場初日の取引の結果、A10の株式は8%上昇し、1億8750万ドルの資金を調達しました。

(以上)

【A10ネットワークス株式会社について】
A10ネットワークス株式会社は、米国A10 Networks(NYSE:ATEN)の日本法人として、2009年3月に設立されました。米国に本社をもつ「日本企業」として、日本のお客様のご意見やご要望を積極的に製品に取り入れるとともに、ネットワーキング・セキュリティ分野のテクノロジリーダーとして、常に革新的なソリューションをタイムリーかつリーズナブルな価格でご提供することを使命としています。詳しくはホームページをご覧ください。リンク
Facebook:リンク

このプレスリリースの付帯情報

NYSE訪問の様子 (写真右から4番目がLee Chen。左から2番目が小枝逸人)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。