logo

◎スコットランドの「ライダーカップ・ティーオフ」開催まであと半年!

スコットランド観光局 (VisitScotland) 2014年03月28日 12時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎スコットランドの「ライダーカップ・ティーオフ」開催まであと半年!

AsiaNet 56316

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

スコットランドの「ライダーカップ・ティーオフ」開催まであと半年!


【エジンバラ(スコットランド)2014年3月26日PRニュースワイヤー】‐‐

世界最大かつ最も象徴的なスポーツイベントの開催まで、2014年3月26日 (水曜日) でちょうど半年を迎えました。スコットランドの「ホーム・オブ・ゴルフ (Home of Golf)」は、「イヤー・オブ・ホームカミング (Year of Homecoming) 」の「ウェルカミング・ザ・ワールド (Welcoming the World) 」に加えて、2014年9月に開催される第40回「ライダー・カップ (Ryder Cup) 」に向けて準備を進めています。

マルチメディアのニュースリリースは:

リンク

25万人を超える観客は、ローリング・パースシャー・グレンズを背景にした壮大なトーナメント・セットを楽しむために、グレンイーグルズ (Gleneagles) を訪問する予定です。

世界的に有名なグレンイーグルス・リゾートには、3つのチャンピオンシップ・ゴルフコース、2つのミシュランが格付けしたレストラン、ESPAによる受賞歴のあるスパ、さまざまな活気にあふれた野外アクティビティなどを備えています。今週発表された独占映像において、グレンイーグルズ・チームはトーナメントにヒーローを迎えることができとてもうれしいと伝えました。

グレンイーグルズの近くに、バノックバーン・ビジターズ・センター (Bannockburn Visitor's Centre) が新しくオープンしました。ゴルフ・バトルの700回目の記念日を祝い、訪問者は最先端の3D技術を通じて、極めて重要な、歴史的なイベントを体験することができます。また、チャンピオンのアンディ・マレー (Andy Murray) 氏は、ウィンブルドン (Wimbledon) のそばに、10室のベッドルーム、5室のスイートを備えた高級ホテルを、2014年4月1日にダンブレーン (Dunblane) でオープンします。優雅なビクトリア朝の邸宅は、プライベートトラウト湖がある静かな森林地帯に位置し、また、シェ ルー・レストラン (Chez Roux restaurant) もあります。

エジンバラ (Edinburgh) 、グラスゴー (Glasgow) 、壮大なスコットランド高地はグレンイーグルズの至近距離に位置し、訪問者は宿泊を無限に延長することができます。

人混みから離れたい訪問者のために、春のシーズンに向けて準備が進められている、スコットランド全体にわたる550以上の中から選択できる、その他のコースも用意されています。チャンピオンシップ・リンクスの会場から丈夫な自然のアイランド・コースまで、スコットランドは世界中どこでも、多様なゴルフを提供しています。

アーチャーフィールド・リンクス・ゴルフ・クラブ (Archerfield Links Golf Club) は、最近オープンしたジョン・ミューア・ウェイ (John Muir Way) を含む、幻想的なウォーキングで有名な地域であるイースト・ロージアン (East Lothian) のウォールド・ガーデン (Walled Garden) に位置する、独自の地ビール醸造所を所有しています。アーチャーフィールドはまた、アーチャーフィールド・ファイン・エール (Archerfield Fine Ales) のハウス・ラベルを含むさまざまなビールを製造しています。アイル・オブ・エリスカ (Isle of Eriska) は、素晴らしいマル島 (Isle of Mull) を見渡せる、9ホール近いコースを所有しています。同コースへは本土から華やかなビクトリア朝の橋を渡ってアクセスすることができます。

スコットランドのゴルフは、息をのむ風景、美味しい食べ物や飲み物、素晴らしいアクティビティおよび劇的な歴史と活気に満ちた現代文化を提供しています。2014年の予定についての詳細は (リンク) を参照してください。


Daniella Gardner (ダニエラ・ガードナー)
インターナショナル PRエグゼクティブー南ヨーロッパ
daniella.gardner@visitscotland.com
+44-(0)131-472-2032

ソース: スコットランド観光局 (VisitScotland)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。