logo

◎国連加盟国が世界的な金融・経済危機の長期的な影響を克服するための計画案

ユーラシア科学者協会経済クラブ 2014年03月26日 12時48分
From 共同通信PRワイヤー

◎国連加盟国が世界的な金融・経済危機の長期的な影響を克服するための計画案

AsiaNet 56280

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

国連加盟国が世界的な金融・経済危機の長期的な影響を克服するための計画案、インタラクティブな進捗を果たす

アスタナ(カザフスタン)、2014年3月25日/PRニュースワイヤー/ --
G-グローバル・インフォコミュニケーション・プラットフォームは本日、カザフスタンの首都アスタナで2014年5月21~23日に開催される予定の第2回世界危機管理会議に先立ち、「国連加盟国が世界的な金融・経済危機の長期的な影響を克服するための計画案」をテーマにしたオンライン会議を開催しました。刷新されたブレトンウッズ委員会委員長であるMark Uzan氏は、世界の、そしてカザフスタンの専門家が参加するオンライン会議を司会しました。オンライン会議では、国際的な専門家のコミュニティが積極的に取り組んでいる、国連加盟国が世界的な金融・経済危機の長期的な影響を克服するための統合された計画案(以下、計画)について合意に達しました。

マルチメディアニュースリリースを表示するには、以下をクリックしてください:
リンク

計画の目的は、効果的かつグローバルな協調政策を策定し、世界の金融・経済構造を改革することです。主催者は2014年4月18日までに、リンクで統合計画案を確認し、推奨事項を追加してもらえるよう、国際的な専門家に依頼を行っています。

グローバルな課題は、グローバルな行動を求めています - 私たちはあなたの貢献に期待しているのです!

民主主義の原則に基づいた本計画では経済・金融不況に対処すべく、将来におけるその予防、長期的なバランスの取れた経済成長の見通しに向け、効果的な対策を打ち出すことを目指しています。 G-グローバル・インフォコミュニケーション・プラットフォームは 2013年7月1日以降、本計画について活発な議論の場を提供しています。この期間内に、G-グローバルポータルの利用者である国際機関、研究機関、金融機関、NGO、経済コミュニティに属する専門家、科学者、政治家、公共活動家などが、1万3000以上の研究論文やレポート、4万5000件の専門家レビューやコメントなどを公開しており、300回以上のビデオ会議と同様、すべて計画の効果的な策定に貢献しています。また、オンライン会議は計画について議論する際の重要なイベントの一つに数えられるようになっています。

国連加盟国のための本計画の草案は、国連総会(2013年12月20日決議A/RES/68/201 「国際金融システムとその開発」)の支援を受けて2014年5月21~23日にアスタナで開催される予定の第2回世界危機管理会議(WAC)で採択される予定です。

連絡先詳細:
EECSAメディアコーディネーター
Dodesheva Aigerim:
電話.: +7(7172)70-18-12
Eメール: a.dodesheva@astanaforum.org

情報元: ユーラシア科学者協会経済クラブ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事