logo

オリックス・ゴルフ・マネジメント、ゴルフ場施設へユビテックの「スマートBEMS」を導入


オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社(東京都目黒区、社長:小池 正昭、以下「OGM」)は、運営するゴルフ場施設において、ユビキタスプラットフォーム事業の創生を目指す株式会社ユビテック(東京都品川区、代表取締役社長:荻野 司、以下「ユビテック」)社のBE GREEN Nextシリーズの省エネソリューション「スマートBEMS」を導入しましたので、お知らせします。

「スマートBEMS」とは、ピーク電力と平常時の電力総量をダブルで削減する機能を持った省エネソリューションであり、これにより電力の基本料金と重量料金の両方を減らすことが可能なシステムです。今回の導入は、日本全国に41ヵ所のゴルフ場を展開しているOGMが、経済産業省のエネルギー管理システム導入促進事業費補助金制度を利用し、小名浜カントリー倶楽部(福島県いわき市)、きみさらずゴルフリンクス(千葉県木更津市)、富士OGMエクセレントクラブ一志温泉コース(三重県津市)、富士OGMエクセレントクラブ伊勢二見コース(三重県伊勢市)の4ヵ所のクラブハウスで採用しました。

お客さまのくつろぎの空間であるクラブハウスでは、お客さまがプレーで館内を使用されない時や、来場される人数に合わせ、手動で空調の温度調整を行っており、快適性や省エネ対応の観点から十分ではありませんでした。今回導入した「スマートBEMS」は、新しい省エネ対応設備に入れ替える必要なく、
  1)お客さまの快適性を損なうことなく省エネを実現できる
  2)従業員に省エネを実施させる負担がない
  3)ピークカットだけでなく通常利用時の省エネ効果が高い
という点から、問題解決に役立つものとして評価されています。
また、電力の「見える化」機能を活用し、時間ごとに空調電力の使用量を把握でき、省エネ効果が期待できるシステムです。

■ゴルフ場施設における省エネ活動
「スマートBEMS」は、ゴルフ場クラブハウスにおける、お客さまの快適性を維持した空調の自動制御を行っております。クラブハウスはプレー前後にお客さまがくつろぎ、休憩し、ハーフタイムにはお食事をされる空間であり、省エネと同時に快適性の維持が必要な非常に重要なエリアです。
この快適空調自動制御により、従業員の省エネ活動の負担が軽減され、お客さまへのサービス提供に注力できる環境を実現しています。

■スマートBEMSの導入により実現されること
○ムラのある節電からスマートで快適な自動節電へ
  人手で行われていた空調の温度調整作業を自動制御し、電気料金を削減します。
○地球環境への配慮
  省エネによりCO2の排出削減を実現します。

■スマートBEMS導入により見込まれる節電効果
4施設のクラブハウスの一昨年の年間電力使用量に対し、スマートBEMS導入後は約15%以上の節電効果を見込んでおります。

■スマートBEMS導入ゴルフ場詳細

○小名浜カントリー倶楽部
  所在地:福島県いわき市小名浜上神白字東大沢1-44
  リンク

○きみさらずゴルフリンクス
  所在地:千葉県木更津市真里谷2935-7
  リンク

○富士OGMエクセレントクラブ 一志温泉コース
  所在地:三重県津市一志町波瀬長谷581
  リンク

○富士OGMエクセレントクラブ 伊勢二見コース
  所在地:三重県伊勢市朝熊町字鴨谷4383-82
  リンク

==============================================
【本件に関するお問合せ先】
 オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社             
  担当:営業本部経営企画チーム(広報担当)
  電話:03-5487-0562 FAX:03-5487-7120
 株式会社ユビテック             
  担当:管理本部 総務課
  電話:03-5487-5560 FAX:03-5487-5561 
==============================================

※オリックス・ゴルフ・マネジメント合同会社は、オリックスグループ会社です。  

 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事