logo

◎invendo medicalが大腸内視鏡invendoscopyの販売強化資金2000万ユーロ調達完了

invendo medical 2014年03月24日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

◎invendo medicalが大腸内視鏡invendoscopyの販売強化資金2000万ユーロ調達完了

AsiaNet 56229
共同JBN 0323 (2014.3.24)

【キッシング(ドイツ)、ガーデンシティー(米ニューヨーク州)2014年3月21日PRN=共同JBN】
 *invendo medical社はシングルユース(単回使用)大腸内視鏡の産業化、商業化を加速するための重要な資金調達完了。

シングルユース、コンピューター支援の大腸内視鏡システムのメーカー、販売会社であるドイツのinvendo medicalは21日、子会社を通じて投資する新規投資家であるマレーシアのXeraya Capital Sdn Bhd (以下Xeraya Capital)を幹事社とする2030万ユーロ(約2800万米ドル)の資金調達ラウンドを完了したと発表した。同時に、German Family Officeが新しい投資家として加わり、これまでのTVM Capital、Wellington Partner、360 Capitalおよび創業者とともにこの資金調達に参加したことで、invendo medicalは米食品医薬品局(FDA)認可済みのinvendoscopy(商標)システムの産業化努力を開始することができる。

invendoscope(商標)SC20は大腸内視鏡分野では以下のような新しい、いくつかの機能を持っている。
 *唯一市販認可を得たシングルユース大腸内視鏡
 *手操作で押したり引いたりするのではなく、コンピューター支援(ロボティック)による穏やかな駆動技術
 *内視鏡のすべての機能は携帯端末を使って実行
 *腸壁にかかる力を減らす

invendoscope(商標)はほかの内視鏡と同様に、ワーキングチャンネルを通した内視鏡検査手法(術内)によるインターベンションが可能である。

invendo medicalのベルトルト・ハックル最高経営責任者(CEO)は「当社が米国で初の製品導入とその利用を進めているまさにその時期に、Xeraya Capitalとその他投資家が今回の新たな資金調達で当社を支えてくれるのを非常に喜んでいる。大腸内視鏡は既に強大な市場になっており、コンプライアンス面はなお十分ではないが、米国だけで年間少なくとも1600万回の医療処置(プロシージャ)が行われている。われわれは当社のinvendoscope(商標)が医療処置を受ける患者のいくつかの大きなハードルに応えることになることから、大腸がん検査手順の強化に役立つことを期待している。同製品は医療処置の際に腸壁にかかる力を減らすために使うロボット部品を備えたコンピューター支援の初の内視鏡選択肢となる。最後に最も重要なことだが、多くの医療分野でシングルユース機器は最終的に勝利を収め、invendoscope(商標)は現在その種の初の製品である」と語った。

invendo medicalのティモ・ヘルツェグフィ最高財務責任者(CFO)は「Xeraya Capitalはライフサイエンス部門におけるベンチャーキャピタルとプライベートエクイティーに対する投資管理サービス事業を支えている。同社の戦略は、投資を行う優れた対象分野の1つとして、大変革をもたらすテクノロジーと医療技術形態を持つ企業に投資することである。invendo medicalは、がんの死亡原因の2番目である大腸がん防止のため実施する多くの医療処置の強化に効果的な独自製品を提供して、巨大かつ成長する市場に対応する。Xeraya Capitalは当社が次のレベルに向けて前進するのを支援する」と語った。

今回の新しい資金は、同社が米国におけるマーケティングおよびサービスの基盤を構築し、機器の製造能力を強化し、とりわけ光学と使いやすさに対応する現行の開発プロジェクトを支援する目的に使われる。

▽invendo medical(www.invendo-medical.com)について
米ニューヨーク州とドイツのキッシング(ミュンヘン近郊)に本社を置くinvendo medicalは、胃腸学の分野で使い捨ての内視鏡製品を開発している。同社は衛生上安全であり、コンピューター支援のロボティックな技術を使って、消化器疾患の分野で使い捨ての内視鏡製品の開発を専業としている。同社は過去数年にわたり一連の独自技術を組み込んで、初の製品となるシングルユースのinvendoscope(商標)を生み出し、米国と欧州連合(EU)で市販認可を取得した。

ビデオは リンク を参照。

ソース:invendo medical

▽問い合わせ先
Timo Hercegfi, CFO,
invendo medical GmbH,
phone +49-8233-74498-0,
timo.hercegfi@invendo-medical.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。