logo

Integration Pointのチームメンバーがグローバル取引およびサプライチェーン業界の先駆者として表彰される

Integration Point 2014年03月20日 14時10分
From JCN Newswire

CHARLOTTE, NC, Mar 20, 2014 - ( JCN Newswire ) - Supply & Demand Chain Executive誌は、サプライチェーン業界について第14回年次Pros to Knowを今月発表しました。Integration Pointは、160か国以上でグローバル取引コンプライアンス、可視性およびローカライズされた知識などを提供するウェブベースのプラットフォームで、オーストラリアのメルボルン、ベルギーのブリュッセル、および米国ノースカロライナ州シャーロットの事務所のチームメンバーが、多国籍企業のグローバル取引管理およびコンプライアンスの成功を支援した施策で表彰されたことを発表します。

Integration Pointをグローバル市場の第一線の企業とした業績で表彰されたチームメンバー3人は、Integration Point欧州連合事業部クライアントサービス部長のCarrie Liptrot、Integration Pointオーストラリア事業部グローバルソリューション責任者のZoe Martinez、およびエンタプライズ開発VPのKris Kayです。

Liptrotには、サプライチェーン業界で15年以上の経験があり、欧州連合の企業へのIntegration Pointソリューションの実装とサポートの促進に責任があります。彼女はまた、Integration Pointソリューションと監督官庁の関係の開発とサポートでも重要な役割を果たしています。

Martinezは、オーストラリアとアジア太平洋地域の主な顧客サービス窓口で、輸入/輸出コンプライアンスソリューションの実装を管理しており、Integration Point FTA Managementプラットフォームで利用可能な300以上の自由貿易合意を活用した企業の支援に特に重点を置いています。彼女には強力な国際取引物流のバックグラウンドがあり、フォーチュン500社にも挙げられた多国籍企業と、国際的なコンプライアンスおよびサプライチェーンプロセスで協業することを専門にしています。

KayはIntegration Pointの製品開発を監督しています。彼は取引プロセスの簡素化および自動化を行い、お客様ニーズは何かだけでなく、他のビジネスプロセスとどのようにやりとりするかを理解するために、エンタプライズソフトウェアアプリケーションの設計、開発および実装の経験を活用しています。

「弊社のグローバル事務所すべてで、強力なコンプライアンスとサプライチェーンの経験を持つIntegration Pointは、特定の国の規制を理解する人間と協業する機会をお客様に提供しています。」と、Integration Point欧州連合事業部グローバルソリューションVPで元Pros to Know受賞者のMichiko Lloydは述べました。「弊社事務所の立地は、弊社のソフトウェアと同様に、ひとつのプラットフォームにあり、世界のあらゆる地域でのシームレスなコミュニケーションを可能にし、その立地に関わらず、多様な才能を持つ人材を活用できるようにします。」

Integration Pointについて

Integration Pointは、単一のウェブベースプラットフォームにより160か国以上でグローバルな可視化とローカライズされた知識を提供しています。輸入/輸出管理、製品分類、自由貿易合意認定、取引禁止対象者のスクリーニング、ドローバック、外国貿易地域、税繰延プログラム、サプライチェーンセキュリティ、入国検証、ブローカー管理、文書管理、取引管理などのソリューションを提供しているIntegration Pointの包括的な製品スイートは、すべての地域、業界および取引プログラムにわたっています。Integration Pointは、サプライチェーンの可視性向上、社内外の監査の実施、規制遵守の維持、グローバル取引の管理などで企業を支援しています。

Integration Pointのお問い合わせ先は リンク または+1-704-576-3678です。

メディアお問い合わせ先:
Anna Rushing
マーケティング部長
Integration Point, Inc
ARushing@IntegrationPoint.com
+1-704-576-3678 ext 1138

概要:Integration Point

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事