logo

契約書の捺印申請をDataSpider BPM suiteで電子化 株式会社良品計画の導入事例を公開

─ 無駄な業務廃し大幅なコスト削減を達成、高い評価を受ける─

既成概念にとらわれないユニークな発想の商品で知られるブランド「無印良品」を世界中で展開する株式会社良品計画。同社は、各部門にとって煩雑な業務の一つであった「契約書の捺印申請」をDataSpider BPM suiteによって電子化しました。ワークフローに沿った電子承認はもちろん、契約期間の終了が迫った更新契約書の電子メールでの自動アラートなどを実現しました。そして、さまざまな部門がこのシステムによって業務効率化の恩恵を受けたことが高く評価され、同社の“良い事は2倍。ムダは半分。”という取り組み「WH運動」において、見事、ゴールデングラブ賞を受賞しました。

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長 小野 和俊、以下 アプレッソ)と株式会社ワイ・ディ・シー(本社:東京都府中市、代表取締役社長 三奈木 輝良、以下 YDC)は、株式会社良品計画(本社:東京都豊島区 以下 良品計画)の社内システムに、アプレッソのDataSpider BPM suiteが採用されたことを発表いたします。同時に、良品計画のDataSpider BPM suite最新導入事例を公開したことをお知らせいたします。


【導入事例の概要】
 「わけあって、安い」をキャッチフレーズに、1980年に西友のプライベートブランドとして誕生した「無印良品」。1989年に西友から独立し、この人気ブランドの企画開発・製造から流通・販売までを行っているのが良品計画です。
 数多くの店舗を抱え、商品ジャンルの幅も広く、商品アイテム数が7000以上にのぼる同社では、店舗の不動産契約や商品の製造委託契約、金型の製造契約など年間で2600もの契約手続き業務が発生します。それぞれの契約書ごとに社長や取締役、部課長の捺印など、決裁権限に応じた捺印が必要なため、紙による捺印申請では時間がかかり、申請者にとっても進捗状況や契約書がどこにあるのか把握しづらく、契約書をまとめる総務課も、問合せが1日に5件、1件の返答に30分から1時間を要するなど、大変な労力を費やしており、この業務に対するスタッフの負荷は無視できないものでした。
 そこで、無駄な業務を一掃しようという全社運動(WH運動)の中で、契約書の捺印申請業務をワークフローに沿って行えるように電子化する開発プロジェクトに踏み切り、良品計画ではさまざまなワークフローソリューションを検討した結果、DataSpider BPM suite* を採用することとなりました。
 他社のワークフローソリューションでは実現できず、実装をあきらめていた承認者の決定ロジックやイレギュラー対応の処理を、DataSpider BPM suite によるBPM-EAI連携という手法で解決し、各部門がWebから申請を行えるシステムを実現。システムを利用するユーザーからも、申請期間が短くなったことや、現在の承認状況がすぐにわかることなどが高く評価されています。
 総務課では、問い合わせや管理台帳作成などの無駄な業務を廃したことで、年間414万9000円にのぼる大幅なコスト削減を達成し、さまざまな部門においても改善効果があったとして、この契約書の捺印申請システムは2013年上期WH運動のゴールデングラブ賞を受賞されています。


(注釈*)
アプレッソの業務プロセス管理ソフト(BPM)「DataSpider BPM」とデータ連携ソフト(EAI)「DataSpider Servista」は、相互に呼び出しが可能です。
両製品を組み合わせて利用する形態を 『DataSpider BPM suite』 といいます。


■本導入事例の全文は以下URLをご参照ください。
URL: リンク

【株式会社良品計画 について】  
本社:東京都豊島区東池袋4-26-3     設立:1989年6月(登記上 1979年5月)
資本金:67億6,625万円           年商:1,580億円(2013年2月期営業収益)
従業員数:5,271名(パートタイム社員3,886名を含む/2013年2月期)
店舗数:国内直営262店舗、商品供給店117店舗、海外206店舗(2013年2月期)
企業ホームページ: リンク


【DataSpider BPM suiteについて】
DataSpider BPM suiteは、ビジネス・プロセス・マネジメント・システムからクラウド連携を含めた企業内外のデータおよびシステムリソースを自在に活用できる最新のBPM-EAI連携ソリューションです。データ連携ソフトウェアの「DataSpider Servista」と組み合わせた利用では業務担当者のヒューマンフロー(BPM)からシステムフロー(EAI)のDataSpiderスクリプトを含む一連の処理をビジネスプロセスフローとして作成、実行できます。 この統合によって、従来のワークフローでは人手の介在や中断によって、業務担当者がそれぞれ処理していたDB検索、各種データや業務システムへのアクセス処理を、あらかじめDataSpider Servistaで定義しておき、BPMのプロセス実行中に呼び出して実行できます。この連携によって業務をより円滑かつ安全、効率的に実行することが可能です。
DataSpider BPM製品Webサイト:リンク
DataSpider Servista製品Webサイト:リンク


【株式会社アプレッソについて】
本社:〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  小野 和俊    設立: 2003年12月   資本金: 2億6700万円
「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。
主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider」は発売以来、国内1900社以上のお客様にご導入(2014年2月末現在)いただいております。 アプレッソは、多くの販売パートナーとの協業により、広範な業種、業態の企業ユーザーの開発生産性とコスト削減に貢献するソリューションを提供しています。
アプレッソWeb: リンク


【株式会社ワイ・ディ・シーについて】
本社:〒183-8540 東京都府中市府中町1-9 京王府中1丁目ビル
代表取締役社長  三奈木 輝良    設立: 2000年1月   資本金: 2億5000万円
YDC は1972 年創立のシステムインテグレータです。横河電機グループのIT 専門企業として、会計や生産管理などの基幹系業務システム、EDI/EAI/BPM、データベースなどのIT基盤技術支援サービスをはじめ、統合品質解析システムYDC SONAR、プリント基板設計ツール CADVANCE、設計ファイル管理システム FileMaster など製造業を対象にした高付加価値ソリューション事業で豊富な実績があります。
ワイ・ディ・シー Web: リンク


【ニュースリリースに関するお問い合わせ】
株式会社アプレッソ 広報担当 TEL: 03-4321-1111 E-Mail: info@appresso.com
株式会社ワイ・ディ・シー  経営企画本部 担当:作前 TEL:042-333-6200  E-mail:sakumae@ydc.co.jp


【商標関連】
・APPRESSO、DataSpider、アプレッソ、データスパイダーは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

良品計画様 DataSpider BPM suite ご導入イメージ図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事