logo

グランフロント大阪「ナレッジキャピタル」で生まれた成果の祭典 ~Knowledge Innovation Award 2013~


2014年3月17日(月)13時30分から、グランフロント大阪「ナレッジシアター」(北館 ナレッジキャピタル4F)において、ナレッジキャピタル参画者を対象に、今年度ナレッジキャピタルで行われた最もイノベーティブな活動を選考し表彰する「Knowledge Innovation Award 2013 最終選考会・発表・授賞式」を開催いたしました。
「Knowledge Innovation Award」は、知的創造拠点「ナレッジキャピタル」が2013年4月の開業当初より目指している『世の中に変革を起こす新しい価値創造』の具体的成果を、ナレッジキャピタルに参画する企業・団体等を対象に募集し、ナレッジキャピタルで生まれた新しい価値創造を『ナレッジイノベーション』と称し、アワードという形で広く社会に発信するものです。今回の開催は、昨年4月のナレッジキャピタル開業後初の開催であり、まさに開業1年間のナレッジキャピタルの集大成ともいうべきアワードとなりました。
募集は、展示・プロダクトなどを対象とした「モノ部門」、ワークショップ・イベント・プロジェクトなどを対象とした「コト部門」の2部門にて実施し、両部門合わせて計92組の応募がありました。
当日は、ナレッジイノベーショングランプリ、優秀賞(モノ部門3組、コト部門3組)、特別賞、ならびに7,200票を超える一般からのWEB投票により決定したオーディエンス賞の発表と受賞式が行われました。92組の応募の中から、最終選考にノミネートされた20組による白熱したプレゼンテーションが行われ、大阪大学大学院情報科学研究科の「アソブレラ:遠隔降雨感覚共有装置」が、第1回目のナレッジイノベーショングランプリを受賞しました。
選考委員長の河口洋一郎氏(東京大学大学院情報学環 教授/CGアーティスト)は講評で、「アワードを受賞した各プロジェクトが5年、10年とかけて、日本を背負うプロジェクトに進化・発展し、世界の舞台で勝負できるようになって欲しい」と、大阪発のイノベーションの活性化に期待を寄せました。

なお、受賞作品一覧やイベント概要については下記のURLよりご覧ください。

【ナレッジキャピタル公式ホームページ/プレスリリース】
リンク [PDF:551KB]


===============================================================================
【本件に関するお問い合わせ先】
 一般社団法人ナレッジキャピタル(担当:古市) 電話:06-6372-6427
【ナレッジキャピタル公式ホームページ】
 リンク
===============================================================================

※ナレッジキャピタルはオリックスグループを含む12社が推進する事業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事