logo

プラス、会議の板書内容をスピード共有できる ネットワーク対応コピーボード最上位モデルを発売  ネットワークボード「N-31シリーズ(2面タイプ)」/「N-314シリーズ(4面タイプ)」

プラス株式会社 2014年03月17日 15時30分
From DreamNews



コピーボード(電子黒板)の国内シェアNo1.メーカー(※1)であるプラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今泉公二)は、スキャンした板書データの保存先振り分けやワンタッチ転送に対応したネットワーク対応コピーボードの最上位機種2シリーズ3モデルを2014年4月中旬に発売します。

ボードマーカーで書き込んだ内容を、シートをスクロールさせながら光学システムで読み取り、印刷やデータ保存ができる会議ツールとして広く活用されるコピーボード。プラスでは2011年からネットワーク機能を標準搭載したコピーボードを継続して投入してまいりましたが、今回発売する新シリーズは、 ネットワークボードの利便性とセキュリティ機能をさらに高めた最上位機種「N-31シリーズ(2面タイプ)」と「N-314シリーズ(4面タイプ)」です。

保存データのネットワーク経由での閲覧・ダウンロードやネットワークプリンタ(BMLinkS対応機)からの出力、本体内蔵メモリデータの自動削除などの基本機能はそのままに、今回新たにテンキーを搭載することにより、要望の多かった複数フォルダへの振り分け保存を可能にしました。

これにより本体内蔵メモリ内や任意のFTPサーバー上のフォルダ(100カ所まで)を指定して板書データを保存できるほかBMLinkS対応ネットワークプリンタの「機密印刷」にも対応するなど、セキュリティ面における機能が格段に向上しました。

さらに専用ICカードを活用すれば、任意のFTPサーバー上のフォルダアドレス(カード1枚につき1カ所のみ)を登録したカードをタッチするだけの簡単操作で板書内容を転送可能!

板面のスキャンと指定フォルダへのデータ保存がワンタッチで完了します。メーカー希望小売価格(税抜)は、スタンドセット(プリンタレス)が226,000円~、カラー/モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象プリンタ)が249,000円~(いずれもN-31S)。

販売目標は2シリーズで初年度2,000台(国内外)を見込んでいます。

※1 国内電子黒板市場において、6割弱のシェアを獲得しています(2013年度12月時点 JBMIA統計より当社調べ)

≪主な製品特長≫

■テンキーによる保存先振り分け機能

ネットワークボードを複数の部署で共有して使ったり、会議内容別に保存先を変更したい場合などに、テンキー操作で番号を指定することにより板書データの保存先が選択できるようになりました。

使い方は、操作パネルの「ネットワーク」ボタンに続けてテンキーで保存先IDナンバー(2桁)を入力し、「実行」ボタンを押すだけと簡単です。保存先は、本体内蔵メモリや任意のFTPサーバー上のフォルダを最大100カ所まで指定できます。

同じN-31/N-314モデル間であれば、最初の1台に手動で設定した保存先ID情報を一括でCSVファイルとしてエクスポートし、2台目以降にインポートして登録することができるので、複数のボードで同じ保存先IDナンバーを使用する場合に便利です。

※保存先設定や保存先ID情報のエクスポート/インポートは、ネットワークに接続したパソコンからブラウザ経由でネットワークボードにアクセスし、設定画面で行います。




■専用ICカードでワンタッチ転送

専用ICカードに転送先アドレス(FTPサーバー上のフォルダ)を登録しておけば、ワンタッチで板書内容を指定フォルダに送ることができます。カードに登録した転送先情報は同じN-31/N-314モデル間で共有できるので、各会議室に設置されているネットワークボードでも同様に転送機能をお使いいただけます。

ネットワークボードは専用ICカードに設定されている保存先情報を読み取ってデータを転送するので、本体の振り分け保存先設定とは関係なく独立して使うことができます。カードさえ持参すれば、いつでもどのネットワークボードからでも同じ指定フォルダに保存できるので、たとえばプロジェクトチームなどで部門横断的に会議を進める場合にも便利です。保存先はカード1枚につき1カ所登録可能です。

※専用ICカードは本体に1枚付属しています。オプション(5枚セット)もお求めいただけます。



■ネットワークプリンタ(BMLinkS対応機)での機密印刷に対応

機密印刷が可能なBMLinkS対応プリンタをお使いの場合は、印刷時に「ネットプリント」ボタンに続けてテンキーで任意のパスワード2桁を入力してから実行ボタンを押せば、プリンタ側で開始キー(00+パスワード2桁)を入力するまでプリントアウトされないので、他の人の目に触れさせたくない会議内容でも安心してネットワークプリンタに出力することができます。

※あらかじめ設定画面の「ネットワーク設定」-「本体/プリンタ設定」でBMLinkSプリンタを登録し、機密印刷を「有効」に設定する必要があります。BMLinkS機能を初めて使う場合は、プリンタ側でもBMLinkSの使用設定をしてください。


BMLinkS(Business Machine Linkage Service)とは
JBMIAが提唱する、ネットワーク環境下でのオフィス機器間の接続性、データ交換性を飛躍的に向上させる「統合化したインターフェース」です。
*BMLinkS対応機器については、BMLinkSのホームページから[認証]-[認証機器リスト]をご確認ください
 :リンク




【製 品 名】
PLUSネットワークボード「N-31」、「N-314」シリーズ

【発 売 日】 
2014年4月中旬

【販売ルート】
全国の文具販売店、事務機器店

【販売目標】
2シリーズ計  初年度2,000台 (国内外)

【メーカー希望小売価格(税抜)】<>内は組み合わせセットパターン

・N-31W
<本体+スタンド>……246,000円
<カラー/モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象インクジェットプリンタ)>……269,000円
<モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象レーザープリンタ>……299,000円

・N-31S
<本体+スタンド>……226,000円
<カラー/モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象インクジェットプリンタ)>……249,000円
<モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象レーザープリンタ>……279,000円

・N-314S
<本体+スタンド>……297,000円
<カラー/モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象インクジェットプリンタ)>……320,000円
<モノクロプリントセット(本体+スタンド+対象レーザープリンタ>……350,000円


※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。
 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<お問い合わせ先>

(報道関係)  
プラス株式会社 コーポレート本部 経営企画部門 広報担当 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070
広報事務局       TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

(お客様)
ビジョンカスタマーセンター TEL:0120-944-086



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。