logo

応急仮設住宅用地として貸与していた当社所有地を白河市へ寄付

宝酒造株式会社 2014年03月17日 11時45分
From 共同通信PRワイヤー

2014/03/17

宝酒造株式会社

~ 東日本大震災の復興支援の一助に ~
応急仮設住宅用地として貸与していた当社所有地を白河市へ寄付

 宝酒造株式会社(京都市:代表取締役社長 柿本敏男)では、東日本大震災の復興支援の一助として、福島県白河市郭内に所有する当社土地を白河市に寄付することを決定し、この度寄付を行いました。

 今回白河市に寄付をした土地は、2003(平成15)年3月に閉鎖した元白河工場の跡地(合計18,238平方メートル)になります。
 同地については、工場閉鎖以降、活用策を模索してきましたが、2011(平成23)年6月に白河市を通じて福島県より、被災された方々の応急仮設住宅用地として借り受けたい旨の要請があり、要請のあった一部区画(合計約15,000平方メートル)につき貸与を開始し、現在に至っております。
 東日本大震災から3年が経過し、被災地では徐々に復興が進んではいるものの、まだまだ多くの方々が不便で困難な状況に向き合いながらの生活を余儀なくされています。
 このような状況のなか、自治体が土地を所有し、直接活用できるようになれば、被災地の1日でも早い復興の一助になるのではと考えました。また、長年にわたってお世話になった地域社会へ何等かの貢献ができればとの思いから、今般、白河市への寄付に至ったものです。

 東日本大震災発生以降、当社では義捐金の拠出のほか、グループ会社所有の大型タンクローリーを使った給水活動を行うなど被災地に対する支援を行ってまいりました。
 当社は、「自然との調和を大切に、発酵やバイオの技術を通じて人間の健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献します」というグループ企業理念のもと、今後とも社会貢献活動に取り組んでまいります。

[お客様からのお問い合わせ先]
宝酒造株式会社 お客様相談室:075-241-5111(平日9:00~17:00)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。